スポーツ

巨人中田翔二軍降格も内心笑顔の3つの理由とは?原監督なりの配慮チラリ

日本ハで暴力事件を起こし無期限謹慎となっていたところから、電撃巨人入りとなった中田翔選手。

賛否両論があったこの出来事ですが、巨人移籍後も調子が上がらずついに二軍落ちとなりました。

そんな中田選手、内心ホッとしているとの噂があるのですが、それはどうしてなんでしょうか。

 

中田翔が二軍降格で喜んでいる3つのワケ

 

16試合に出場して打率.150と不振から抜け出せず、二軍へ降格したとの情報が入ってきました。

日本ハムで二軍生活が長かった中田選手ですが、巨人移籍で一軍に返り咲くことができたのに。。

さぞ落胆しているかと思いきや、意外にも内心ホッとしているとの話を聞いています。

 

なぜそんな気持ちになっているのか、とても不思議に感じるところです。

その理由について考察してみたのですが、そこには巨人の負のチーム事情が見え隠れしてしまいます。

 

FA移籍の二軍メンバーの存在

中田選手が安心している最大の理由は、FA移籍メンバーが二軍にたくさんいるからです。

いわゆるFA移籍失敗組なんですが、現在の巨人にはこれらのメンバーが二軍にいます。

 

FA移籍組

井納翔一
野上亮磨
陽岱鋼
梶谷隆幸

 

他球団から巨人に移籍したものの、一軍になかなか上がれずファーム暮らしとなっている4選手。

梶谷選手はケガが原因なので、そろそろ昇格するとの情報もありますが、もったいないですよね。

 

悪い言い方すれば「傷を舐め合える」ので、中田選手にとっても心が軽くなることでしょう。

二軍にいるFA移籍組も中田選手を慰めるでしょうし、お互いコミュニケーションしやすいはず。

 

良い方向にいくか悪い方向にいくかは本人次第ですが、ヘタすりゃ万年二軍になる可能性もあります。

キチンとFA移籍組と距離を置きつつ、復調に向けて集中できるかどうかが問われるでしょう。

 

マスコミから逃げられる

日本ハムの暴力事件以来、ずっと続いているマスコミ批判から逃れられるのも1つあるでしょう。

メンタル的に疲弊していることは間違いないと思うので、二軍に行けば注目度も下がり落ち着くはず。

 

一軍の試合で笑顔を見せれば「なぜ笑ってプレーできるのか?」と批判され。

ノーヒットの試合が続けば「移籍しても何も変わってないじゃないか」と批判され。

打ったら打ったで「日本ハム時代になぜそれをやらない?」と批判される気の毒な立場。

 

自業自得であることはもちろんですけど、中田選手も人間なので精神的に疲弊しますよね。

この状況から抜け出せるという意味では、彼もホッとしているのが本音ではないでしょうか。

 

頭の中を整理できる

目まぐるしい環境の変化により、中田選手の頭の中も混乱していることでしょう。

二軍にいけばある程度落ち着いて調整ができるので、思考を整理できるメリットがあります。

 

一軍は毎日が真剣勝負の場所なので、自分の頭を整理することができないのが現実。

しかもペナントレース終盤戦で優勝争いをしているので、気を抜くことができないでしょう。

復調のためにはある程度時間が必要ですから、二軍落ちもマイナスとも言えないと思います。

 

これは私の個人的な見解なんですけど、二軍でじっくり調整すれば中田選手は復調すると思います。

昨年打点王を獲得した一流選手ですから、自信とメンタルを取り戻せば必ず一軍で活躍するはず。

巨人ファンではないのですが、中田選手は好きな選手なのでぜひカムバックして欲しいですね。

中田翔を待ち受ける過酷な二軍生活

 

ホッと一息できそうな中田翔選手ですが、現実問題そう甘くないとも言えます。

それはなぜかと言えば、阿部慎之助二軍監督の厳しい扱いが待っているからです。

 

カオスくん
え、なんで??

 

そもそも阿部監督は、ベテランも若手も一切優遇しないタイプだからです。

ベテラン井納選手が二軍で炎上した時も、阿部監督にめちゃくちゃ叱られていました。

厳しいことで有名な阿部監督ですから、結果を残さない限り一軍復帰は難しいと言えますね。

 

二軍で一息つくのはいいことですが、油断すると他のFA移籍組と同じく二軍生活が続くでしょう。

いずれにしても今の中田選手に最適な環境だと思いますが、、これも原監督の配慮でしょうか?

苦しいシーズンが続いている中田選手が、ここから自力で一軍復帰できるか注目ですね。

 

まとめ

以上、二軍降格が発表された中田選手の心理状況も含めてご紹介をしました。

散々批判を浴びまくった中田選手、ここから再起を図ることができるか注目が集まっています。

しっかり二軍で調整し直して、ぜひ今後はセ・リーグを盛り上げてくれたら嬉しいなと思います。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5