スポーツ

青森大学の剛腕・長谷川稜佑特集!MAX155km右腕の経歴や球種を紹介

青森大学の長谷川稜佑は、最速155キロのストレートが持ち味の本格派右腕です。

大学の春季リーグでは1試合19奪三振を記録するなど今後が活躍される選手です。

今年のドラフトで指名される可能性がある選手で特徴や魅力を紹介したいと思います!

長谷川稜佑の経歴やプロフィール

プロフィール

出身地:埼玉県三郷市
生年月日:1999年4月10日
身長体重:183cm/86kg
利き手:右投げ右打ち
ポジション:投手
出身校:三郷中ー足立学園ー青森大学

 

幼少期〜足立学園時代

埼玉県で生まれ育ち、中学時代は「足立クッパーズ」というチームでプレーしていた長谷川選手。

高校は東京の足立学園に進学、1年生の時から控え選手としてベンチ入りを果たします。

高校時代から一際目立った才能を持った選手で、3年生の春からはエースとして大活躍。

チームを9年ぶりの関東大会ベスト16進出に導き、大きく貢献する活躍を見せました。

 

とはいえ、高校時代はストレートの球速144kmほどで特別目立つ活躍はありませんでした。

甲子園出場もなかったため、プロからの指名の可能性もないような選手だったと言われています。

阪神ドラフト1位の佐藤輝明選手も高校時代は無名でしたし、いつ覚醒するかわかりませんよね。

 

青森大学時代

大学は青森大学に進学し、2年生の春からリーグ戦に出場します。

2年生秋の大会ではリーグ戦で優勝を経験し、自身も着実にレベルアップしていきます。

ストレートの球速も年を追うごとに速くなってきており、チームの大黒柱として活躍し始めます。

 

そして4年生秋の大会では最高球速155kmを計測するなど一気に本格派右腕として覚醒。

力強いストレートと多彩な変化球で、三振を多く取れる投手へと成長しました。

学生時代は選抜チームや日本代表への選出はなく、個人タイトルも獲得することはなく終了。

ただ能力は十分にありますし、ドラフトでも上位指名が期待される素晴らしい選手です。

長谷川稜佑の特徴やプレースタイル

 

では、長谷川選手の特徴や魅力はどんなところにあるのでしょうか。

 

MAX155kmの豪速球

MAX155kmのストレートは彼の最大持ち味であり、プロからも注目されているポイントです。

大学時代から三振を多く奪える投手でしたが、その理由はストレートでも空振りが取れるから。

それに加え多彩な変化球を投げ分け、巧みな投球術で打者を翻弄することができる点が彼の強みです。

 

近年は155kmを超える豪速球を投げる選手が増えていますが、東北福祉大の椋木蓮選手も注目。

椋木選手もMAX154kmを投げる選手で、長谷川選手同様に東北地方の大学のプロ注目選手です。

ぜひ椋木選手のことも知って欲しいので、合わせて読んでみてくださいね。

 

東北福祉大の剛腕・椋木蓮特集!経歴と球速・球種を動画つきで紹介

 

三振を奪える多彩な変化球

変化球はスライダー・カットボール・フォーク・カーブを持ち球にしています。

カウントを稼ぐボール、空振りを取れるボールを持ち合わせており、バランスの良さが光ります。

球速のあるストレートに多彩な変化球を組み合わせたピッチングは、大学でも屈指の存在ですね。

 

データ的にも、奪三振率は大幅に向上しつつ被安打率も年々低下しています。

まだまだ成長が見込める選手ですので、ぜひプロの世界で大きく飛躍して欲しいなと思っています。

 

現時点での課題は制球力で、四死球率が高く大学時代も大きく改善はできていない様子。

ここが改善できれば、球速・変化球・コントロールを兼ね備えた一流選手になる可能性ありです。

素材の良さは間違いないので、どこまで自分の力を高めてアピールしていけるかがカギになりそう。

 

長谷川稜佑のピッチング動画

では実際のピッチング映像はどんな感じなのか、動画でチェックしてみてください。

 

 

Twitterのコメントにもありますが、ボールの勢いや変化球のキレは素晴らしいです。

しっかり三振を奪っていますし、バッターは差し込まれている印象がありますね。

それだけボールが走っていて伸びもあるんでしょうけど、これは期待の投手です。

 

カオスくん
ちゃんと指名されるんかな?

 

現時点で12球団のスカウトから長谷川に関するコメントは出ていません。

球速や奪三振数など注目されるポイントもありますが、上位で指名されるかは未知数です。

将来性を見込んだ下位指名や育成枠などでの獲得の可能性もありますので、動向が注目されますね。

 

まとめ

以上、今回は青森大学の剛腕・長谷川稜佑選手をピックアップしてご紹介しました。

学生時代は日本代表や個人タイトルの獲得などありませんでしたが、魅力的な素材です。

三振を取れるピッチャーは貴重ですし、スタミナもある先発型の長谷川選手は欲しいところでしょう。

2021年ドラフト指名会議では一体何位で指名されるのか、注目してチェックしたいなと思います。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5