スポーツ

新潟の精密左腕・桐敷拓馬特集!成長率No.1投手の経歴や特徴や動画紹介

新潟医療福祉大学に所属、2021年ドラフト候補の桐敷拓馬選手に注目が集まっています。

サウスポーながらMAX149kmのストレートが武器で、多彩な変化球も持っている選手です。

ドラフト指名の可能性がある選手ですので、桐敷選手の特徴や魅力を紹介したいと思います。

桐敷拓馬の経歴・プロフィール

プロフィール

名前:桐敷拓馬
出身地:埼玉県​​​​鴻巣市
生年月日:1999年6月20日
身長体重:177cm80kg
利き手:左投げ
ポジション:投手
出身校:行田シニアー本庄東高校ー新潟医療福祉大

 

幼少期〜高校時代

小学校1年生の時、屈巣ニュースターズで野球を始め3年生の時から投手をやっていました。

中学時代は硬式野球チームの行田シニアに所属し、幼少期から野球漬けの毎日を送っていました。

 

高校は、出身の鴻巣市よりやや北部にある本庄東高校へ進学することになります。

本庄東は高校野球界では地名度は高くないものの、1年生からベンチ入りして試合に出場。

秋には背番号1を背負うなど実力を発揮していましたが、強豪校相手に勝てない日々でした。

 

そんな桐敷選手が注目されたのが、3年生夏の大会で素晴らしい快投をした時です。

先発として完封勝利を記録したことを皮切りに、延長12回で19奪三振を奪うなど大活躍を見せました。

当時、埼玉栄で大注目を浴びていた米倉貫太選手とも対戦し、なんと2-1で完投勝ちしています。

米倉選手は高卒でHondaに入団し、2021年ドラフト候補投手として注目されていますね。

 

Honda素質No.1の右腕・米倉貫太特集!経歴や特徴や投球動画を紹介

 

甲子園出場はなく高校野球は終わりましたが、大器の片鱗を見せることには成功。

無名ではありましたが、大学関係者の目に止まり、新潟医療福祉大学へ進学することになります。

 

新潟医療福祉大学

関東エリアでの名門大学ではなく、新潟医療福祉大学へと進学した桐敷選手。

あまり知名度のない大学ですが、所属する関甲新学生野球リーグは近年注目度の高いんですね。

 

安達了一選手や井納翔一選手のいた上武大や、岡島豪郎選手や大山悠輔選手のいた白鴎大が所属。

2013年創部の新潟医療福祉についても、笠原祥太郎選手や漆原大晟選手も輩出していますよね。

そんな新興リーグに入った桐敷選手ですが、1年生の秋からリーグ戦に出場しています。

 

2年生になってからは、先発として登板機会が増え平成国際大学戦では延長10回完封勝利。

なんと奪三振18を奪いリーグタイ記録に並ぶなど、素晴らしい活躍を見せました。

 

3年生秋にはストレートMAX149kmにまで伸ばし、強豪である白鴎大学から完封勝利を挙げます。

自身最多のリーグ戦3勝をマーク、通算防御率2点台と高い記録を残しています。

高校・大学時代に日本代表や個人タイトルの獲得はありませんでしたが、ここにきて急成長。

プロからも注目される投手へとレベルアップしているので、ドラフトでの指名も十分あるでしょう。

桐敷拓馬の特徴やプレースタイル

 

では、そんな桐敷選手はどんな特徴やプレースタイルを持っているのでしょうか。

こちらで具体的な注目ポイントをご紹介していこうと思います。

 

ピンチでも冴え渡る制球力

桐敷選手の最大の魅力といえば、どんな場面でもきっちり投げ分けられる制球力でしょう。

狙ったところにズバッと投げられる強さを持っていて、本人もこのようにコメントしています。

 

スピードよりもしっかりと力を制御することを意識しています。

走者を出しても粘り強く投球できるようになったところが成長だと思います。

 

ピンチのシーンや勝負所でも、しっかり腕を振りながらコースに投げられます。

スピードよりむしろコントロール重視タイプの左腕と言っていいでしょう。

 

常時140km後半を投げるスピード

ストレートは最速149kmですが、常時145km前後を安定して投げることができます。

ボールの回転率、ホップ量も平均を上回っているので、伸びのあるボールになっています。

まだまだ成長段階なので、プロ入り後も十分に球速アップする可能性を秘めていますね。

 

変化球も多彩で、スライダー・チェンジアップ・ツーシーム・スプリットを投げることができます。

制球力が安定しているので、直球と変化球ともにコーナーに投げ分ける能力に長けています。

その証拠として、奪三振率の高さや四死球率の低さに現れており、試合を作れる選手と言えます。

 

どんなフォームで、どんなボールを投げているのか??

それに関しては、YouTubeにピッチング動画がありましたので、こちらをご覧ください。

 

 

指名の可能性ですが、現時点ではスカウトのコメントは中日、DeNA、楽天から出ています。

各球団ともに制球力、ストレートの威力を高く評価しており、他の球団も視察に来ているそう。

ある程度完成していて即戦力として活躍が見込めますし、左腕とういうポイントも重要ですね。

 

上位指名は難しいかもしれませんが、投手が手薄な球団は指名する可能性も高いと言えるでしょう。

 

まとめ

以上、2021年ドラフト候補の左腕・桐敷拓馬選手をピックアップしてお伝えしました。

高校までは無名投手でしたが、大学時代に才能が開花し一気にプロ注目のサウスポーへ。

先発完投型のスタミナ、四死球率の低さにも現れる制球力の高さはプロからも高い評価です。

ドラフトでも多くの球団が指名する可能性がありますし、どこに入団するのかも注目ですね。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5