スポーツ

ドジャース筒香獲得を狙う日本の移籍先3候補はどこ?巨人が山口とダブル獲り?

2021年レイズからドジャースに移籍した筒香嘉智選手が、負傷者リスト入りしました。

メジャー2年目のシーズンで苦戦続きの筒香選手、怪我での離脱は本当に悔しいでしょう。

そんな筒香選手に対して、巨人に復帰した山口俊選手のように日本出戻りが噂されています。

日本のどの球団が筒香選手を獲得することになるのか、予想していこうと思います。

 

ドジャース筒香嘉智のメジャー成績と現状

 

2020年DeNAからメジャー移籍を果たした筒香嘉智選手が、ふくらはぎの負傷で離脱となりました。

5月中旬レイズからマイナー降格となり、その後ドジャースへ移籍したものの負傷離脱。

ん〜、実力が発揮できないほど不調なのか、メジャーとの相性が悪いのか、実力不足なのか。。

 

ひとまず、メジャーでのこれまでの成績を振り返ってみましょう。

 

2020年 レイズ 51試合 打率.197 8本 24打点
2021年 レイズ 26試合 打率.167 0本 5打点
2021年 ドジャース 12試合 打率.160 0本 2打点

 

日本時代の活躍をしている身からすれば、なんとも寂しい数字だな〜と感じますね。

まだ通算8本しか打ってなかったんか、、というか2021年0本やったんか!ってのが正直な感想。

毎日大谷翔平選手のフィーバーばかり見てたので、筒香選手の酷さを完全に忘れてました。

 

それに不振の筒香選手をドジャースが獲得した理由も、怪我人続出のチーム事情があったから。

穴埋めのために獲得した選手が怪我したわけですから、、首脳陣もガックリなのでは??と。

 

筒香選手は今年が2年契約の2年目なんですけど、おそらくメジャー契約維持は難しいはず。

2021年シーズンを最後にメジャーは終わりだと思うので、日本球界復帰が現実的だろうと。

山口選手は巨人出戻りでしたが、筒香選手の場合は複数球団の争奪戦になること間違いなし。

 

じゃあどの球団が獲得することになるのか?という部分を、考察してみたいと思います。

筒香嘉智の移籍先候補3球団

 

筒香選手が日本に帰ってくるとすれば、一体どこの球団が獲得することになるでしょうか。

メジャー帰りの選手ですから、ある程度どこが候補になるかは予想できるので、そこを解説します。

 

横浜DeNAベイスターズ

 

山口俊選手のように、古巣に出戻りパターンは一番考えられるケースでしょう。

昔からのファンもいますし、プレーしやすいでしょうし、球団も嬉しいはずですしね。

私も筒香選手はDeNAが一番似合ってると思いますし、真面目な性格から古巣が良さそうという感想。

 

ただですね、DeNAへの出戻りは可能性として低いのかな〜と思っています。

 

その最大の理由が、年俸が高すぎるという問題です。

筒香選手とて、メジャーの純粋な夢だけではなく、高い年俸も海を渡る目的のひとつでしょう。

実際、DeNA4億円から2年1200万ドル(年俸約6.5億円)に一気にアップしていますからね。

 

じゃあ、メジャー断念して帰国したら年俸ダウンでいいのか?というと、そりゃないよねと。

でも6.5億円をDeNAが出すかといえばNoだろうし、元の4億円ならギリギリどうかな?というレベル。

筒香選手的にも、せっかく年俸上げたのに下げたくない!と思うはずなので、DeNAは厳しい。

 

2つ目の理由は、DeNAの経営状況の悪化です。

これはDeNAだけじゃないですけど、経営悪化により15億円の赤字に転落しています。

なので、筒香選手といえど大きなお金が出せないというのが現状かなと思います。

 

年俸総額ランキングでも12球団中8位と下位ですし、2021年の契約更改で総額-3.4億円ダウン。

新型コロナの影響で観客制限なども継続していますし、引き続き経営状況はダメそうですからね。

 

そして最後の理由は、野手ではなく投手の補強が急務だということ。

DeNAといえば「打高投低」で、特に投手陣の離脱が多すぎて崩壊気味になっています。

なので、筒香選手1人に高額年俸払うより、3人くらい良い投手を獲得した方がいいと思っちゃいます。

 

野手でいえば、レフト佐野・サード宮崎・ファーストオースティンが固定。

筒香選手のポジションはカチッと埋まっていますから、そもそも必要性がそんな高くないという。

そう考えると、筒香選手をDeNAが獲得する理由がかなり少なくなるなあと感じます。

 

楽天イーグルス

 

2つ目の候補球団は、楽天かな〜という感じです。

2021年シーズンは好調を維持しているのですが、打力は今ひとつなので補強も必要かもと。

なんせ投手陣は「田中将・涌井・早川・岸」がいますから、かなりの安定感があるといえます。

 

楽天が候補になる理由に、金銭面の充実があります。

新型コロナで減収になった企業がほとんどの中、2020年比で+6.8億円年俸アップしてますから。

まあ田中将大選手の9億円が影響してるんですけど、、でもトータルでチーム年俸アップはヤバイ。

楽天の事業はインターネット事業中心なので、コロナでも売上を伸ばせたというのが背景です。

 

楽天はパ・リーグの中で最も新しい球団で、かつ選手の補強を積極的にやる傾向があります。

彼らが本気を出せば7億円くらい出しそうですし、結構現実味あるんじゃないかなと予想しています。

 

読売ジャイアンツ

 

はい、私が考える筒香選手の移籍先最有力は読売巨人軍です。

とりあえず資金力はあるので、欲しい選手を根こそぎ持っていくスタイルは健在です。

山口選手も一本釣りだったでしょうし、獲得のための資金をパッと出せるのも巨人くらい。

 

山口俊日本復帰も高額年俸3.3億円はどこが負担?巨人復帰の理由も解説

 

巨人が筒香選手を獲得する理由はたくさんあるんですけど、資金面以外なら野手の選手層でしょう。

レフトウィーラー34歳、ファースト中島39歳なので、年齢的にも入れ替えは必要だろうと思います。

筒香選手は守備が上手いわけではないんですけど、まだ29歳とかなんで十分使えるでしょう。

 

あとは、東京を本拠地にしているというのも大きいと思っています。

もともと筒香選手は武蔵小杉に住んでいたという噂ですし、東京・神奈川エリアがいいのではと。

出身は和歌山県なので関西が良いのでは?なんて憶測もありますが、それはあまり関係ないでしょう。

 

他球団に獲られるくらいなら、お金をかけて自チームで囲い込むのが読売スタイル。

もはやすでに筒香選手と接触している可能性すらありますし、巨人入りはありそうな気がします。

(もしそうなれば、DeNAファンはマジで激怒すると思いますけど、、資本主義社会ですな〜)

 

まとめ

以上、ドジャースで負傷者リスト入りとなった筒香嘉智選手の日本球界復帰について書きました。

私個人的には、マイナー降格しても頑張ってメジャー昇格目指して頑張って欲しいとは思っています。

ただマイナーの環境はかなり劣悪なので、筒香選手も家族も日本を選択するのではないでしょうか。

もし復帰となれば巨人か楽天だと思いますが、、なんか巨人は嫌なので楽天へお願いします!笑

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5