スポーツ

【最新】阪神大山がわき腹肉離れの怪我再びか。現在の状況と今後の影響は?

カオスくん
阪神大山選手の怪我は大丈夫?

 

2021年5月5日、阪神対ヤクルト戦で大山選手が4回途中交代となりました。

大山選手が途中交代するのは珍しいことで、ファンの中で心配の声が上がっています。

この記事では、大山選手の状況と今後の影響についてお伝えしていこうと思います。

 

大山悠輔の途中交代の状況

 

まず、大山選手が交代するまでにどんなことがあったのでしょうか。

 

この試合前の5月2日、甲子園での広島戦で今シーズン初めてスタメンから外れました。

前日1日が雨天ノーゲーム、3日が試合がない日程だったので、3日間の休養だったと言われています。

 

4日のヤクルト戦から再び復帰し、タイムリースリーベースを打つなど活躍。

そして5日の試合で、3回の打席で内野フライを打った後に交代となりました。

この日は守備面でのエラーもあったので、体の調子が思わしくないような感じはしています。

 

試合を見ている限り、大きな怪我を負ったシーンはなかったので軽症ではあると思います。

一体大山選手の身に何が起こったのでしょうか。

 

大山悠輔の交代理由と怪我の可能性

ここからは、大山選手に起こったアクシデントについて書いていきます。

 

わき腹の肉離れ

この説がもっとも有力だと思われます。

2回の守備で一塁へ悪送球した際、わき腹を痛めたんじゃないでしょうか。

比較的送球が上手い大山選手が、かなり横に逸れる球を投げていたので違和感を感じたんですよね。

 

大山選手は2021年春季キャンプの途中で、一度わき腹の肉離れで戦線離脱しています。

当時は全治2ヵ月という報道があり心配したのですが、同じ場所を怪我したんじゃないかなと。

わき腹の肉離れはクセになりやすく、野球ではよく使う筋肉なので、可能性としては高そうです。

 

この場合、大山選手は数週間くらい戦線離脱となるかもなので、心配ですね。

 

疲労・不調による交代

ちなみに、怪我ではなく疲労や不調による交代はありえるのでしょうか。

私の見解になっちゃいますが、この線はあまりないのかなと思っています。

 

なぜなら、そもそもこないだ3日間の休養を取っているからです。

「疲れが溜まっている」という理由でのスタメン落ちと、井上HCもおっしゃってましたし。

 

確かに、大山選手はこの2試合で連続エラーを記録していて好調とは言いがたい状態ではあります。

ただ阪神のキャプテンですし、打撃面ではそこそこ調子も良いので、不調による交代もなさそうです。

大山悠輔離脱による今後の影響

もし大山選手が離脱となった場合、阪神の戦力にも大きな影響は出るでしょう。

では、具体的にどういう起用法になってくるのでしょうか。

 

おそらくですが、こんな感じで配置が変わるものと思われます。

 

佐藤輝明 ライト→サード
ロハスJr.   ライト

 

まずサードのポジションは、現時点で佐藤輝明選手がやることになるでしょう。

サードを守れる選手が少ないですし、佐藤選手は結構上手いので期待はできると思います。

 

そして満を持してとなりますが、ロハスJr.選手が二軍から昇格してくるでしょう。

外国人枠の問題がありますが、野手3名・投手2名の体制であれば上手く収まります。

ロハスJr.選手の実力は未知数ですが、二軍である程度実戦積めているので大丈夫かと思います。

 

不幸中の幸いとなりますが、ロハスJr.選手を使えるのは嬉しいことでもあります。

大山選手はじっくり療養してもらって、かつ戦力は落とさずに戦えれば良いのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、阪神の大山悠輔選手が途中交代したことについてお伝えしてきました。

わき腹の肉離れである可能性もありますので、阪神ファンにとっては心配ですよね。

もし長期離脱となれば、ロハスJr.選手の登場となるかもしれませんので、これはこれで楽しみ。

また情報が入ればアップデートしたいと思います。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5