高校野球

2021夏の甲子園個人盗塁数ランキングTOP10!選手紹介と地方大会の成績まとめ

2021年夏の高校野球が真っ盛りとなり、甲子園が楽しみなシーズンになりましたね。

注目の選手は誰なのか?という方に向けて、今回は盗塁数の個人別ランキングを紹介したいと思います。

足を使った攻撃の核になる俊足の選手たちですので、どんな人物がいるのかぜひ知っておいてください。

 

2021年夏の甲子園個人盗塁数TOP10

 

高校野球において、打率や防御率だけではなく走力も貴重な戦力になるのが面白いところ。

機動力野球をモットーにチーム作りをしている高校もあり、それが盗塁数という指標で表れます。

では、地方大会で盗塁をたくさん決めている選手は誰なのか、ここでご紹介したいと思います。

 

名前高校ポジション盗塁数
新田大樹日大山形7
秋葉光大日大山形7
相田康慎静岡7
黒木日向明豊7
原田俊輔三重6
高山亮太三重6
植垣洸智弁学園6
佐藤海弘前学院聖愛5
佐々木一晃盛岡大付属5
今野孝多朗東北学院5
福原聖矢東海大菅生5
井口遙希近江5
花田旭大阪桐蔭5
花田侑樹広島新庄5

 

1位 新田大樹&秋葉光大 他2選手 7盗塁

 

甲子園出場選手の中でトップの盗塁数を記録したのは、日大山形の新田・秋葉の2選手です。

それぞれ7盗塁を記録して、チーム盗塁数23の半分以上を彼らが生み出す結果になりました。

「1番秋葉→2番新田」という俊足上位打線の効果もあり、1試合平均9得点以上となりました。

 

今年の日大山形打線は、3番佐藤選手と4番伊藤選手がともに打率5割を超えています

つまり、1・2番が出塁して盗塁、3・4番が打って返すという理想形が成り立っている状態。

この打線は相手にも脅威だと思いますし、初戦の米子東もかなり警戒してくることでしょう。

 

同じく7盗塁を記録しているのが、静岡高校の相田康慎選手明豊高校の黒木日向選手

相田選手は守備と走力が魅力の6番打者、黒木選手は打率.421を残している2番打者です。

どちらのチームもつなぐ打線を意識しているので、俊足の選手は貴重な戦力となっているでしょう。

 

ちなみに、静岡高校といえばミスターゼロと言われている大エース高須大雅選手も注目。

静岡大会では37イニング自責点ゼロで抑えて、そのまま甲子園に乗り込んでくることになります。

身長192cmのスケールの大きな選手でもありますし、ぜひ高須選手のこともチェックしてください。

 

静岡のミスターゼロ高須大雅が凄い!長身エース右腕の経歴やプロフィール

 

2位 原田俊輔&高山亮太&植垣洸

 

2位の6盗塁を記録したのは3選手で、原田&高山選手は三重高校の選手です。

彼らはレギュラーとして出場しているわけではなく、65得点を挙げた初戦の徳風戦で盗塁を量産。

特に高山選手は1年生として堂々の結果を残していて、将来非常に楽しみな存在だと感じました。

 

三重高校の1年生といえば、この夏に最多安打18を記録した野田泰市選手が大きな話題に。

30打数18安打の打率.600という脅威的な結果を残し、甲子園の舞台に登場することになります。

ぜひスーパールーキー野田選手の存在も知っておいていただけると嬉しいです。

 

三重高校ルーキー野田泰市特集!1年生で最多安打記録の経歴やプロフィール

 

そして智弁学園の植垣選手は、5番打者を務める打撃力の高い選手です。

ポジションは捕手ということで、攻守の要としてチームを牽引するキーマンと言えますね。

智弁学園の注目選手といえば1番打者の前川右京選手ですが、彼以外のメンツもハイレベル。

 

植垣選手も今大会トップレベルの捕手ですが、世代No.1と呼び声高いのが横浜の立花祥希選手

4番打者として強力打線を引っ張り、捕手としては二塁送球1.9秒を記録する強肩ぶりを発揮。

打率.586という素晴らしい数字も残しておりますので、ぜひ立花選手もチェックください。

 

横浜高校・立花祥希は世代No.1捕手で大注目!打率5割超の経歴やプロフィール

 

3位以下 5盗塁の7選手

 

以下、盗塁数5の選手7名が3位にランクインしました。

チームや選手の特徴はバラバラではありますが、気になった選手をピックアップしようと思います。

 

東海大菅生の2年生捕手である福原聖矢選手は、打率4割を超える2番打者です。

激戦の西東京大会を勝ち抜いたメンバーの一人なんですが、福原選手は沖縄出身という珍しい選手。

プロ注目エース・本田峻也選手とバッテリーを組む貴重な存在で、攻守で大事な役割を果たしています。

 

そして、大阪桐蔭のプロ注目の4番打者・花田旭選手がランクインしているのもポイント。

身長186cmと大きな選手ながら身体能力が非常に高く、走攻守すべてでスケールを感じる選手。

野球選手というよりトップアスリートの雰囲気を感じる魅力的な選手なので、ぜひ注目してください。

 

2021年大阪桐蔭の4番・花田旭の潜在能力がエグい!経歴やプレー動画紹介

 

まとめ

以上、2021年夏の高校野球で甲子園出場する選手の盗塁数ランキングTOP10をご紹介しました。

機動力野球を象徴する選手たちがランクインしているので、試合を観戦する際にチェックしてください。

甲子園の大舞台でどこまで盗塁を成功させられるのか、注目して見ていきたいと思います。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5