おすすめグッズ紹介

【コロナ対策】最新パルスオキシメーター厳選のおすすめ商品を3つご紹介

2019年12月新型コロナウイルスの初確認から、世界中で猛威を振るっていますね。

もし自分や家族が感染した時に必要な備品として、パルスオキシメーターは必須アイテムと言えます。

今回は、家庭でも安心して使えるおすすめパルスオキシメーターを3つ厳選しましたのでご紹介します。

 

パルスオキシメーターの見方や使い方

 

まずはじめに、そもそもパルスオキシメーターって何でどう使うのか?

数値が表示されるけど、具体的にどこを見てどう判断すれば良いのか??

 

そのあたりの基本的な情報からお伝えしていこうと思います。

 

表示される数値の見方

表示の見方

⭐️SpO2:酸素飽和度
⭐️PI値:血液のめぐりを数値化したもの
PR値:脈拍数
電池マーク:電池残量

 

パルスオキシメーターには、だいたい上記4つの項目が表示されていることが一般的です。

この中で大事なのは「SpO2」「PI値」の2つですので、これが測れるのが大前提となります。

 

SpO2はテレビでも取り上げられている数値で、体内で酸素がきちんと循環しているかがわかります。

96%以上は軽症、95〜93%が息切れや肺炎の疑いあり、92%以下が酸素投与の必要ありという目安。

コロナ感染の疑いがある人は、ここの数値を必ずチェックして変化を観察する必要があります。

 

PI値は、測定する指先がちゃんと血液循環しているかどうかの数値。

ここに正常値はないそうなんですが、2〜10%くらいにあれば測定環境とみるそうです。

冬の時期などで指先が冷えていると数値が低くなるので、ちゃんと温めてから測定してください。

 

パルスオキシメーターの違い

表示の見方

⭐️メーカー
⭐️インナーアジャスト
JIS・ISOの認定
医療機器認証

 

次に商品の違いについてですが、どのポイントを見て選べば良いのでしょうか。

値段の違い=計測の精度」という認識なんですけど、良いものを選ぶためのポイントはあります。

 

まずはメーカーですが、つまり日本企業のメーカーであるかどうかが重要でしょう。

製造が中国である商品もたくさんありますが、日本のメーカーであることは安心材料になります。

どこの国のメーカーか分からないものもあるので、注意してきちんと調べるようにしましょう。

 

もう1つはインナーアジャスト機能ですが、これは幼児サイズの指でも測定できるものです。

お子さんがいる方は、この機能がちゃんと搭載しているのかをチェックすることをおすすめします。

 

その他、JIS・ISOの認証や医療機器認証などありますが、コロナ対策としては重要ではないです。

きちんと測定できて、信用できる製品であれば良いと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

パルスオキシメーターおすすめ3選

 

ここからは、おすすめのパルスオキシメーターを3つご紹介しようと思います。

 

パルキシープラス EC100D

 

ポイント

Amazonベストセラー1位の商品
液晶画面がシンプルでとても見やすい
インナーアジャスト2個つき
デザイン性もあり、4色のカラーか
ら選べる
日本のメーカー、3年間の保証期間つき

 

こちらのパルキシープラスは、価格もリーズナブルで一番売れている人気商品です。

コロナ対策として家庭で常備しておく商品としては、これがあれば十分でしょう。

Amazonで1番売れているくらい評判ですし、私も1つ購入しましたがかなり満足でした。

 

マイナスポイントがほとんどないですが、唯一PI値が表示されないところは注意が必要。

なので、計測した際に数値が安定しない場合は何度か計り直してみることになると思います。

ただPI値がなくてもそんな影響はないので、妥協して良いポイントだと考えます。

 

あとデザイン性がよく、ゴールド・シルバー・グリーン・ピンクの4種類から選べます。

持ち運びもでき、幼児用のインナーアジャストもついているのも素晴らしいポイントです。

パルスオキシメーター選びに迷われた方は、この商品を選べば間違いはないでしょう。

 

パルキシープラス購入ページ

 

はかるくん

 

ポイント

年配者向けの安心の商品
4方向のディスプレイ自動変更機能
液晶の明るさを自由に調整できる
PI値も含めた全ての数値を計測可能

 

名前から分かるとおり、年配者向けに作られているパルスオキシメーターです。

日々の体調管理のために家庭用として販売されていた商品で、非常にシンプルで使いやすいです。

高齢の方でも簡単かつ安心して使える設計になっているので、安心して購入・使用できるでしょう。

 

特徴としては、液晶を傾けると自動で方向転換してくれるので、とても見やすいです。

液晶の表示も黄色や緑色などカラフルなので、読み間違いなどを防止することができます。

値段も先ほどのパルキシープラスと同じくらいなので、どちらを選んでも問題ないと思います。

 

また、登山時などコロナ対策以外の用途としても使えるのもおすすめポイント。

デザインや人気ではなく安心・性能を重視される方は、このはかるくんが良いですね。

 

はかるくん購入ページ

 

富士コンテック パルスオキシメーター

 

ポイント

正規医療機器メーカー富士コンテックの製品
日系メーカーであり測定の精度が高い
商品の品質が高いので購入ミスを防げる

 

最後は、日本の正規医療機器メーカー富士コンテックの商品です。

やっぱり大手メーカーの商品を直接買いたい!という方は、これが一番良いと思います。

口コミの評価もかなり良くて、頑丈で壊れないとか数値が正確に測れると評判になっています。

 

一家にひとつ買っておくなら、いざという時に安心して使える日系正規メーカーがおすすめ。

先ほどご紹介した商品よりも少し高めの価格設定ですが、コロナ対策にお金はかけておくべきです。

と言っても高額商品なわけではないので、お金にある程度余裕がある人はこちらが良いでしょう。

 

カラーは3色あり、落とした時の衝撃軽減のためのシリコンカバーも付いています。

ストラップで首からかけられますし、エコ機能も搭載されていて電池も長持ちする特徴もあります。

詳細読めば「さすが日本の正規メーカー!」と感じる商品なので、品質重視の方はこちらが良いですね。

 

富士コンテック製パルスオキシメーター購入ページ

 

まとめ

以上、コロナ対策としておすすめのパルスオキシメーターを3つご紹介しました。

まだまだ収まる気配のないコロナウイルスですから、商品も売切れる可能性が高いでしょう。

在庫があるうちに早めに購入して、感染してしまった時に備えておくようにしてください。

命を守るためにしっかりとした入念な準備が必要、自分や家族は自分が守るよう心がけましょう。

-おすすめグッズ紹介

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5