ニュース

【Twitter投稿動画】停滞前線の猛威!全国の大雨・洪水被害状況をまとめ

2021年8月上旬、停滞前線が日本のど真ん中を横断し、大雨・洪水を引き起こしています。

ニュースや速報で大々的に報じられていますが、全国各地はどんな被害状況になっているのでしょうか。

この記事では、ツイッターに投稿された各地域の動画をまとめてお伝えできたらと思っております。

 

全国の大雨・洪水被害のTwitter投稿動画

 

未曾有の大雨が続いている日本列島ですが、各地の状況がどうなっているのか気になりますね。

西は九州から、色んな場所に住んでいる方からのTwitter投稿の動画をまとめてご紹介したいと思います。

 

佐賀県

今回大雨の被害がとても大きいと言われているのが、九州エリアにある佐賀県。

中心地である佐賀駅周辺でもすでに道路が冠水しており、武雄川もすでに決壊しているとの情報。

洪水被害も大きくなりつつあるので、最大限の警戒が必要です。

 

 

 

 

長崎県

佐賀県のお隣にある長崎県も、大雨特別警報が発令され、最大級の危険度となっております。

大雨の影響で土砂崩れもすでに発生して被害者も出ていますので、こちらもチェックが必要。

河川の水位も近年最高レベルに達しているとのツイートもあるので、近隣の方はすぐに避難を。

 

 

 

福岡県久留米市

福岡県の久留米市からの投稿数は、Twitterの中でもトップレベルで多かったです。

大雨による被害が近年多い地域だそうで、住民の方々も対処法をきちんとご存知なようで安心。

ただ洪水被害が他の地域よりひどいように見えるので、今後のさらなる被害が心配になります。

 

 

 

福岡県八女市

同じく福岡県の八女市では、道路が冠水してしまい避難所に行けないという状況を投稿。

このエリアはすぐに水が溢れ出てしまうらしく、機を逸すると避難所にそもそも行けなくなるとのこと。

これは結構こわい状況だと思いますし、避難命令が出る前から早めの行動を心がけましょう。

 

 

広島県の水位が危険水域に

九州エリアから中国地方にも停滞前線の影響が出てきたようで、特に広島が被害が大きそう。

雨による道路冠水だけではなく、河川の氾濫がとても深刻との状況が伝わってくる投稿でした。

中でも安芸高田市がヤバイとの投稿が見受けられましたので、近くの方は避難しましょう。

 

 

 

 

京都市の道路冠水

そして次は関西エリア、中でも京都市内ですでに大雨の影響が出ている模様です。

都会の部類に入る京都市でも、今回の大雨はインパクトが大きいらしく、水が溢れています。

京都の中心部を流れる鴨川もすでに水位がかなり上がっていて、危険な状態になっているとのこと。

 

 

 

 

まとめ

以上、2021年8月に発生した停滞前線の大雨・洪水被害についてツイッター投稿動画を紹介しました。

まだまだ今後雨が続く予報になっていますので、こちらの情報を見て対策を講じてもらえれば。

また情報のアップデートあれば、随時更新していきますね。

-ニュース

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5