スポーツ

関西学院のエース左腕・黒原拓未特集!経歴や球種・球速など動画つき解説

2021年プロ野球ドラフト会議が、いよいよ行われますね。

今回特集したいのは、関西学院大学のドラフト候補である左腕・黒原拓未選手です。

大学進学後に一気に成長してプロ注目となった黒原選手、どんな特徴を持った選手なのか紹介します。

黒原拓未の経歴やプロフィール

プロフィール

名前:黒原拓未
生年月日:1999年11月29日
出身地:和歌山県海南市

身長体重:173cm/76kg
利き手:左投げ左打ち
ポジション:投手
大学:関西学院大学

 

生い立ち

和歌山県で生まれ育った黒原選手ですが、小学校1年生から地元のチームで野球をスタートさせます。

きっかけは二人のお兄さんだったそうで、一緒に野球で遊んでいたところから興味を持ったとのこと。

 

小学生の頃から野球が上手くて有名だったそうで、中学では海南中で軟式野球部に所属。

最近はシニア・ボーイズに入団する有望選手が多い中、学校の部活動で実績を残してきました。

その実績と才能を評価されて、和歌山県の名門・智弁和歌山高校へ進学することになります。

 

智弁和歌山時代

1学年10人程度しか入部できない智弁和歌山に進学後、黒原選手は1年生秋からベンチ入り

3年生の頃にはエースナンバーを背負って甲子園に出場し、大阪桐蔭との激戦を演じました。

当時もプロ注目と言われていましたが、そのまま関西学院大学への進学を決断しています。

 

ちなみに高校時代は、1学年下に広島で活躍している林晃汰選手や明治大の冨田泰生選手がいました。

さらに2学年下には楽天でプレーしている黒川史陽選手がいるなど、豪華なメンバーが揃ってました。

黒原選手は大卒となりますが、後輩の彼らに負けず劣らない成長を遂げたのが関学時代となります。

 

関西学院時代

大学進学後、1年生春からいきなり公式戦出場を成し遂げると、投手ベスト10入りを記録。

さすが黒原選手とばかりに話題にルーキーイヤーから話題になったのですが、ここから試練の連続。

 

主戦投手として試合に出場するも、本来の実力を発揮できずに負けが重なっていきます。

3年生までで公式戦8勝14敗、制球も乱れて四死球が多く、プロからの評価も高くありませんでした。

 

しかしそこから急成長を遂げ、4年生の春リーグで5勝1敗の大活躍を果たすことになります。

防御率0.70でリーグ1位、MAX151kmを記録し、MVP・最優秀投手賞・ベストナインの3冠受賞。

プロスカウトからも注目を浴び、その成長ぶりから一気にドラフト上位候補になりました。

 

そして、9月17日にプロ志望届を提出して、取材でも12球団OKとのコメントを出されていました。

黒原選手のレベルであれば、間違いなくドラフト指名は間違いないと思いますので、非常に楽しみです。

黒原拓未の特徴やプレースタイル

 

では、そんな黒原選手は具体的にどんな特徴を持った選手なんでしょうか。

 

力強い豪快なストレート

彼の最大の特徴といえば、球威を感じる力強いストレートです。

MAX151kmを記録していますが、試合終盤でも140km後半を投げられるスタミナ面も魅力。

 

身長173cmと上背はないものの、鍛え抜かれた下半身を使った投球は安定感あり。

大学3年生の頃までコントロールに難があったのですが、4年時には大幅に改善されています。

内外に直球を投げ分けられるようになり、奪三振数もかなり増えたこともプラスポイントでしょう。

 

投球フォームは、大きく沈み込んで重心を下げるタイプなので、下から浮き上がる感覚になります。

左腕でこの直球を投げられる学生はひと握りだと思うので、かなり貴重な左腕と思いますね。

 

多彩な変化球

黒原選手のもう1つの特徴として、多彩な変化球を操れるというポイントがあります。

スライダー・カーブ・チェンジアップ・カットボール・スプリットなどを投げ分けます。

 

以前は球種こそたくさんあるものの、コントロールがイマイチだったため有効活用できず。

しかし制球力がアップしたことで、ストライクゾーンで勝負できるボールに変化したんですね。

とはいえ、変化球の制球力はプロレベルではないと本人も話していますし、改善の余地ありです。

 

妥協せず努力し続けられる精神力

黒原選手の素晴らしいところは、妥協なく鍛錬できる継続力にもあります。

実際、彼自身がインタビューで「妥協しないことを意識している」と話しています。

 

モデルにしている選手としては、メジャーリーグで活躍する二刀流・大谷翔平選手

彼の憧れの選手だそうですが、プロ意識を持って努力している大谷選手が好きなんだそうです。

 

黒原選手が好きな言葉に「万里一空」があります。

この言葉は、妥協せず努力し続けるという意味があり、座右の銘として意識しているそうです。

 

そんな彼の意識の高さが分かるインタビュー動画がYouTubeにありました。

細かいプレーについて、どんな考えを持って練習・改善を繰り返してきたのかが良くわかります。

 

 

ちなみに関西学院大学野球部といえば、阪神の佐藤輝明選手の弟さんが所属していますね。

黒原選手自身も、近大・佐藤輝明選手にホームランを打たれたこともあり、距離が近い存在だそう。

佐藤家はアスリート一家として有名なので、彼の家族についてもチェックしたい方はこちらからどうぞ。

 

阪神佐藤輝明は家族(父・弟)も凄腕アスリート!彼女や結婚や成績まとめ

 

まとめ

以上、関西学院大学のエース左腕・黒原拓未選手について特集してみました。

ドラフト上位候補で、関西球団の阪神・オリックスが獲得を目指しているとの情報もあります。

ぜひ地元関西で活躍して欲しいですし、阪神なら先輩・近本光司選手もいますし心強いはずです。

果たしてドラフトでどの球団が指名・獲得することになるのか、今から楽しみですね。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5