スポーツ

東北福祉大の剛腕・椋木蓮特集!経歴と球速・球種を動画つきで紹介

2021年ドラフト会議で上位指名が予想されている、東北福祉大学の剛腕・椋木蓮選手。

大学1年生の頃から公式戦で大活躍をしており、プロのスカウトから注目を浴びています。

そんな椋木選手ですが、どんな経歴や特徴を持った選手なのかプロフィールをご紹介します。

東北福祉大・椋木蓮の経歴とプロフィール

プロフィール

名前:椋木蓮
生年月日:2000年1月22日
出身地:山口県山陽小野田市

身長体重:178cm/80kg
利き手:右投げ右打ち
ポジション:投手
大学:東北福祉大学

 

生い立ち

山口県の山陽小野田市というとこで生まれ育った椋木選手。

ご両親と兄・妹がいる家族で、小学校1年生の頃から野球をやり始めたんだそう。

 

中学進学後、中高一貫の硬式チームで高川学園シニアに入団することになります。

中学野球部といえば軟式野球であることが主流ですが、この学校には中学硬式野球部があります。

それがお前の限界か!」という独特のスローガンで、中国大会で優勝を争うチームでもあります。

実際、2019・2020年の秋季大会では中国大会を制覇しており、名門野球部となりつつある状況です。

 

中学時代から有名な投手だった椋木選手は、そのまま高校は高川学園に進学することになります。

 

高川学園高校時代

もともと多々良学園という名前の高校でしたが、2006年から高川学園に校名変更されています。

中学で硬式野球部を創設してから、徐々に力をつけて強豪校になったのが高川学園です。

 

高校2年生の頃、2016年に控えメンバーとして甲子園出場を決めています。

甲子園での登板はなく、エースとなった3年生夏は県大会ベスト8で敗退。

甲子園の大舞台での登板は叶いませんでしたが、素材の良さからプロに注目されていました。

 

「高校で野球を辞めて一線を退くつもりでした」

 

こうインタビューで話している椋木選手ですが、彼の気持ちを奮い立たせたのは悔しい気持ち。

自分の代で優勝を経験できなかったことから、大学でもう一度野球に取り組むことを決心。

そして、大学野球の名門・東北福祉大学への進学を決断することになります。

 

東北福祉大学時代

大学へ進学した椋木選手は、1年生春からリーグ戦に出場して活躍をします。

4年生の春までなんと負けなし、通算11勝1敗の防御率0.83という驚異の記録を作っています。

大学もリーグ6連覇を達成し、チームの大黒柱として成長を遂げていると言えるでしょう。

 

順風満帆に見える椋木選手ですが、2年生に右肘を痛めてから1年ほど苦しい時期を経験しています。

投げられないこの時期に、落ち込むのではなく徹底した走り込みを行って一気に球速アップ。

この期間を乗り越え、3年生秋にMVPを獲得するなどプロからの評価を上げることになりました。

 

そんな椋木選手ですが、彼が憧れを抱いている先輩はヤクルト2位指名で入団した山野太一選手

 

好きな先輩の1人で、友達みたいな感じ。山野さんを超えて、プロに行きたいと思っているので、ドラフト1位指名を目指す。

 

山野選手は1学年上の先輩で、高川学園でも東北福祉大でもエースとして活躍してきた選手。

ずっと一緒に野球をやってきた選手同士のため、ずっと仲も良いんだそうです。

果たしてドラフト1位で指名されるかどうか、このあたりも見どころですね。

 

椋木蓮の特徴やプレースタイル

 

では、そんな椋木選手はどんな特徴を持った選手なんでしょうか。

 

MAX154kmの迫力満点のストレート

椋木選手の最大の特徴といえば、球威のあるMAX154kmのストレートでしょう。

2年生の頃の怪我をきっかけに下半身のトレーニングを積み、どんどん球速を伸ばしていますね。

 

後ほど動画を貼っておきますが、椋木選手はスリークォーターから投げ込むフォーム。

若干シュート回転するので、右打者の胸元に食い込んでくるという特徴を持っています。

見るからに打ちにくそうですし、これはプロの打者でもなかなか打ち崩せないのではと感じます。

 

ちなみに、椋木選手は大学進学後に先発からリリーフに転向しています。

4年間ずっとリリーフとして出場しており、今回のドラフトでも中継ぎとしての指名となるでしょう。

プロでいえば、広島・栗林良吏選手やDeNA・山崎康晃選手のような起用法になると思われます。

中継ぎ投手としての適性もありそうですし、1年目から十分活躍できそうな雰囲気を感じますね。

 

キレ味鋭いスライダー

椋木選手のもう1つの持ち味として、変化の鋭いスライダーがあります。

これも実際に動画見て欲しいんですけど、右打者が腰を引いてしまうくらい曲がっています

スリークォーターからのスライダーなので、これまた右打者キラーとして魅力を感じますね。

 

制球力もなかなか良いので、ストライクからボールになるスライダーで空振りが取れます。

あとは、カーブやチェンジアップも持っているのですが、こちらは成長の余地があると感じます。

150kmを超える直球と多彩な変化球があれば、素晴らしい中継ぎ投手になれるのではないでしょうか。

 

2021年ピッチング動画

では最後に、椋木選手の投球動画をのせておきたいと思います。

 

 

まず、豪快な投げっぷりが素晴らしいですね。

ストレートもめちゃくちゃ球威があるので、これは大学生では打てないな・・・

 

中継ぎ投手はどの球団も喉から手が出るほど欲しいはずなので、これは競合しそう。

ただ肩や肘の怪我や酷使も気になるので、各球団どんな評価をしているのかにも注目です。

先輩・山野選手のドラフト2位を超えて1位指名されるのか、、どうなるのでしょうか??

 

ちなみに、同じくドラフト1位候補と言われているのが筑波大学・佐藤隼輔選手

大学生No.1左腕と呼び声高い選手で、競合必至と高い評価を受けている注目の投手です。

ぜひ佐藤選手のこともチェックしておいてくださいね。

 

関西学院のエース左腕・黒原拓未特集!経歴や球種・球速など動画つき解説

 

まとめ

以上、2021年ドラフト上位候補の東北福祉大・椋木蓮選手を特集いたしました。

中継ぎ投手としては大学生No.1ですし、3位までには確実に指名される選手だと思われます。

あの豪速球がプロの世界でどこまで通用するのか、今から楽しみだな〜と思っています!

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5