スポーツ

中央学院大の豪腕・古田島成龍特集!経歴や特徴(球速・変化球)を紹介

中央学院大学で活躍している古田島選手は、高校時代からプロ注目選手として名が上がっていた投手。

大学4年生になった2021年、ドラフトの上位指名候補としてさらなる注目と話題を呼んでいますね。

そんな古田島選手について、今回は古田島選手の経歴や魅力についてご紹介したいなと思います。

古田島成龍の経歴やプロフィール

プロフィール

名前:古田島成龍(こたじませいりゅう)
出身地:茨城県河内町
生年月日:1999年6月29日
身長:175cm
体重:82kg
利き手:右投右打
ポジション:投手
経歴:取手松陽高-中央学院大

 

幼少期〜高校時代

茨城県河内町という場所で生まれ育ち、小さい頃から野球で遊んでいた古田島選手。

地元の河内中学で軟式野球部に所属して、3年生の時には茨城県南選抜に選出されました。

進学先に注目が集まっていたそうですが、茨城県内の取手松陽高校に進学することになります。

 

野球部に入ると、1年生の時からベンチ入りを果たして2年生の時にエースに昇格。

打順も4番として活躍しチームをベスト4に導くなど、大黒柱として存在感をアピールしていました。

 

しかし高校3年生の時に、練習中に大きな怪我をしてしまうことになります。

バットが頭部に直撃し右こめかみ陥没骨折により、一時離脱をせざるを得なくなってしまいます。

怪我直後の春季大会は復帰して試合に出場しましたが、惜しくも初戦敗退となりました。

 

実はこの怪我による後遺症が残り、右肩の血行障害のため夏は投手としてプレーできず。

ファーストで出場した結果、チームは予選敗退し甲子園出場はなく高校野球は終わりました。

取手松陽高校自体がそこまで強豪校ではないが、古田島選手の才能にプロも注目していた模様です。

 

中央学院大学時代

大学進学を表明した古田島選手は、中央学院大学に進学して目覚ましい成長を見せます。

2年生の時に4勝を上げる活躍で奪三振王のタイトルを獲得、一気に全国に名を轟かせます。

同年冬には侍ジャパン大学日本代表強化合宿のメンバーに選ばれることに。

 

そこから着実にレベルアップ、3年生の時に3勝、防御率1.55でチームの優勝に大きく貢献。

個人としても奪三振王とMVPを獲得して、素晴らしい記録を残したシーズンとなりました。

中学・高校時代は全国に縁がなかったものの、ここで一躍プロ入りが現実味を帯びてきました。

 

現時点ですが、通算成績は22試合12勝6敗防御率1.44という好成績を残しています。

各球団のスカウトもリストアップしているとの情報ですので、プロでの活躍にも期待ですね。

古田島成龍の特徴とプレースタイル

 

では、古田島選手の具体的な特徴や魅力はどんなものがあるのでしょうか。

 

MAX151kmの質の良いストレート

身長175㎝と投手としては小柄ですが、ストレートMAX151kmはプロでも十分通用する可能性あり。

常時140km以上のストレートを投げることができる、スタミナ面の魅力も忘れてはいけません。

 

古田島選手のストレートは2400rpmを超える回転で、MLB平均2300rpmを超えています。

つまりストレートの伸びが非常によく、藤川球児さんのように三振を奪えるタイプの投手です。

本人もストレートに自信があるそうで、ドンドン直球で押す強気のピッチングが魅力的ですね。

 

変化量の大きい多彩な変化球

ストレートだけではなく、変化球も多くの球種を投げることができます。

具体的には、カットボール・スライダー・カーブ・チェンジアップなどです。

ストレート同様回転数が多く、緩急や落差をつけたピッチングができるという特徴を持っています。

 

中でも空振りを奪えるボールでいえば、チェンジアップかなと感じています。

ストレートとの緩急が大きく、シュート気味に落ちていくタイプのチェンジアップです。

2度の奪三振王を獲得したのは、これらの変化量の大きい球種を上手く使い分けているからでしょう。

 

最新のピッチング動画

百聞は一見にしかずということで、古田島選手が投げているシーンをここでご紹介します。

 

 

あまり癖がないようなフォームで、上から角度をつけて投げ下ろすタイプかなという印象。

上半身も下半身もかなりガッシリしているので、投球は安定していそうだなと思います。

 

気になるのは、少し四死球の数が多いかなという点です。

四死球率4.14はさすがに多いので、まずは2点台を目指して制球力に磨きをかけて欲しいところ。

 

茨城県出身ということで、近場の千葉ロッテが指名候補にリストアップしたという情報がありました。

これからは他球団からも随時情報が出てくると予想されますし、3位以内には消える選手でしょう。

 

これだけ力強い投手であれば、先発以外でも中継ぎや抑えで起用するという選択肢もありそう

中継ぎ投手で最も評価の高い大学生といえば、豪腕の持ち主である東北福祉大の椋木蓮選手です。

彼もまたドラフト指名候補ですので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

 

東北福祉大の剛腕・椋木蓮特集!経歴と球速・球種を動画つきで紹介

 

まとめ

以上、2021年ドラフト指名候補の中央学院大学・古田島成龍選手をご紹介しました。

高校時代はアクシデントに見舞われ、一時は投手としてのプレー断念も迫られた古田島選手。

苦労を乗り越えてようやくプロ入り目前、果たしてどの球団が指名するのか楽しみですね。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5