スポーツ

上武大学ブライト健太はドラフト注目株!両親の国籍や経歴や動画を紹介

全日本大学野球選手権の活躍で、ドラフト戦線に急浮上してきた上武大学ブライト健太選手。

3年生時はレギュラーも掴めていなかった彼が、どうやってドラフト候補に浮上したのか。

ブライト健太選手のプロフィールや経歴、魅力などをここでご紹介したいと思います。

ブライト健太のプロフィールと経歴

プロフィール

名前:ブライト 健太(ぶらいと けんた)
出身地:東京都足立区
生年月日:1999年5月7日
身長:184cm
体重:86kg
利き手:右投右打
ポジション:外野手
経歴:都立葛飾野高-上武大

 

幼少期~中学校時代

東京都足立区出身のブライト選手は、ガーナ人の父と日本人の母をもつハーフ

小学6年から弘道二丁目ピアーズにて野球を始めまたフライト選手は、この頃からスラッガー。

父親譲りのパワーのおかげで活躍できたのですが、高校は都内でも無名の都立葛飾野へ進学します。

 

葛飾野高校時代

葛飾野高校では1年秋からベンチ入りを果たし、2年夏からレギュラーに定着しました。

2年夏の大会のデビュー戦では5番・一塁で出場するも、チームは敗退してしまいます。

3年夏の大会では4番・一塁で出場しましたが、最後の夏も地方予選で早々と敗退となります。

 

高校時代は甲子園と無縁だったブライト選手ですが、個人としては素晴らしい結果を残しています。

高校通算本塁打38本を記録するほどの大活躍を見せており、プロからも一目置かれていました。

しかしながら、プロへの志望届を出すことはなく、上武大学で鍛え直す選択を取りました。

 

上武大学時代

上武大学へ進学したブライト選手ですが、大学生活はなかなか順風満帆とはいきませんでした。

3年間ほとんど試合に出ることがなく、8打数ノーヒットと散々な成績止まり。

この当時、まさかブライト選手がドラフト候補になるとは思わなかったでしょう

 

4年春になってようやくレギュラーの座を掴むと、一気にブレイクします。

リーグ戦で打率.380・本塁打3本・打点12・盗塁6という素晴らしい成績でリーグMVP獲得

四死球も10個を数え、出塁率.483を記録し、選球眼の良さもアピールしました。

 

一気に注目の的となって迎えた大学選手権、4試合で13打数8安打・打率.615・本塁打2本の大暴れ。

4試合すべてでヒットと打点をマークし、さらなる評価アップを実現して注目の的になりました。

そして極めつけとして、ドラフト1位候補の西日本工業大学・隅田投手からホームランを放ちました。

 

その映像も残っているので、こちらの動画の30秒あたりからご覧ください。

 

 

これほどまでに成長した理由は、3年春から打撃改善に着手したことにあります。

本塁打ばかりを狙うのではなく、確実性と選球眼を意識したトレーニングに取り組みました。

それが功を奏し、ついに才能が開花、結果となって表れたということなんですね。

 

昨年同大学から古川裕大選手(日本ハム)、佐藤蓮投手(阪神)がプロにいったのもいい刺激。

高い意識で練習に打ち込めたからこそ、ここまで成長できたと本人も語られていますね。

ブライト健太の特徴と魅力

 

さて、ではブライト健太選手の具体的な特徴やプレースタイルをご紹介しましょう。

 

抜群の身体能力

長打力はもちろんのこと、50m5秒8・遠投100mと高い身体能力を持っているのが特徴です。

天性のバネを持ち、全身がしなるような柔らかさを持っているので、まだまだ成長が期待できます。

 

さらに負けん気が強いことでも有名で、高校時代のすごいエピソードがあります。

高校時代、左足首靭帯損傷の怪我をしていたブライト選手ですが、まさかの代打で出場。

気合いでヒットを打ったのですが、その際ケンケンで一塁まで走ったという逸話があります。

 

無名校ゆえに選手層が薄く、出場せざるを得ない環境だったのはもちろんあるとは思いますが。

怪我の悪化リスクを押してまで、試合に出て結果を残す精神的なタフさは大切なポイントでしょう。

 

パワフルな打撃が魅力

打撃フォームはコンパクトなのに、フォロースルーがしっかりしていて飛距離がでる長打力が魅力。

リストの使い方がとても柔らかく、内角球も自然に振り抜くことができる点も見逃せません。

 

これも高校時代のエピソードですが、学校のグラウンドは左翼90mと広かったそう。

金属バットだと飛びすぎるので木製バットで練習していたものの、柵越え連発していたそうです。

周りが住宅街だったので迷惑をかけていたそうですが、それだけ強力なパワーを持っているんですね。

 

守備には少し課題あり

守備に関しては、少しもたつく場面があり課題といえるでしょう。

本人も送球や守備範囲がまだまだと感じているらしく、プロ入りすれば重点的に鍛える必要あり。

とはいえ身体能力は抜群なので、後々十分改善できるとスカウトたちはみているようです。

 

ちなみに、ハーフの選手でプロ志望届を出しているといえば、日本航空のエドポロケイン選手

エドポロ三兄弟と言われて話題になっている選手ですが、2021年夏の甲子園で大活躍しましたよね。

彼もドラフト指名される可能性があるスラッガーなので、ぜひ合わせてチェックしてください。

 

日本航空エドポロケイン特集!経歴や父母の国籍は?三兄弟の実力や特徴

 

ブライト健太の家族構成

 

最後にブライト選手の家族構成ですが、先ほどお伝えしたとおりガーナ人の父と日本人の母がいます。

ハーフということもあり、小学生のときはまわりと違うということで悩むこともあったそうです。

今は逆に「目立つことは得」「運動能力も父のおかげ」と感謝し、プラスに捉えているみたいです。

 

高校時代には野球部以外に野球塾にも通わせていたというほど、両親も野球に熱心だったようです。

ドラフト指名候補にまで成長できた背景には、家族の支えがあったことを忘れてはいけませんね。

 

まとめ

以上、2021年ドラフト候補の上武大学・ブライト健太選手についてご紹介しました。

大学4年春から急浮上してきた注目株で、まだまだ伸びしろのある楽しみな選手です。

貴重な右打者のスラッガー候補として上位指名もあるかもしれませんし、ぜひ注目しましょう。

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5