高校野球

八戸学院光星・野呂洋翔の破壊力に驚愕!プロフィールや魅力や特徴を紹介!

2021年高校野球のシーズンが近づき、来月から夏の甲子園予選がスタートしますね。

新型コロナが心配されますが、今年も高校で実力をつけた注目選手に熱視線が注がれています。

青森県の八戸学院光星の2年生スラッガー・野呂洋翔選手も破壊力抜群の選手として話題沸騰中。

今回は野呂選手にスポットを当てて、彼の経歴や魅力についてお伝えしたいと思います。

 

野呂洋翔の経歴やプロフィール

名前:野呂洋翔
身長体重:178cm・85kg
出身:青森県つがる市
ポジション:外野
利き手:右投げ左打ち
出身チーム:弘前白神リトルシニア

 

野呂選手は青森県出身で、小さな頃から人並み以上に力が強かったそうです。

 

彼の名前が有名になったのは中学時代で、弘前白神リトルシニアに所属していたとき。

打線の主軸を担っていた野呂選手は、青森県内でも屈指のスラッガーとして大活躍。

高校の進路が注目されていた選手の一人でしたが、地元の名門・八戸学院光星へ。

 

ちなみに、野呂選手が所属していた弘前白神リトルシニアといえば、西武・外崎選手がOB。

今や日本代表にもなっているレジェンドですが、弘前実業ー富士大ー西武というルート。

超名門というチームではないのですが、野呂選手は「第12回Dome Cup」で優秀選手賞に。

チーム優勝に導いたことで株が急上昇、そして推薦により八戸学院光星へ進学したそうです。

 

2020年に八戸学院光星に入学した野呂選手は、1年生ながら主軸に抜擢。

秋季大会の準々決勝・青森山田戦でホームランを放つなど、成長著しいルーキーの実力発揮。

さらに練習試合では、4番に座った盛岡大付戦で二打席連続ホームランをライトに叩き込みました。

 

 

甲子園常連の名門校・八戸学院光星で1年生から4番に座るだけでも凄いのに、ホームラン連発。

すでに高校通算本塁打数に期待が高まっていて、さらに2022年ドラフト候補との声も上がっています。

 

2021年夏の甲子園では、青森県代表の最有力候補として八戸学院光星が注目されています。

まずは青森県で優勝を勝ち取って、甲子園で大暴れして欲しいなと思っています。

野呂洋翔の特徴や魅力

 

では、野呂選手の魅力や特徴はどんなところにあるのでしょうか。

 

やはり最大の魅力は、フルスイングから生み出される長打力ですね。

お写真を見てわかるとおり、右足を大きく上げて一気に力を解放して遠くへ飛ばすフォーム。

年々体つきも大きくなってきており、威圧感も飛距離も超高校級へと近づいているとの噂も。

 

2021年春季大会では、4番ライトスタメンで出場し、八戸地区を優勝しました。

さらに青森県本大会でも八戸工大一に決勝で勝利し、優勝に貢献する活躍を見せてくれました。

2年生になってチームの精神的支柱にもなっている野呂選手、甲子園でも目が離せませんね。

 

そしてもう1つの特徴として、守備力の高さも忘れてはいけません。

1年生ではレフト、2年生でライトを守るようになったのですが、守備の上手さと肩の強さも魅力。

ちなみに同学年で1年から一緒にクリーンナップを打っていた佐藤航太選手も外野手のスタメンで出場。

2021年の八戸学院打線はこの2人が牽引すると思うので、併せて注目してみてくださいね。

 

まとめ

以上、今回は八戸学院光星の期待のスラッガー・野呂洋翔選手を特集してみました。

全国区での活躍がまだ多くない選手なのですが、実力やポテンシャルは一級品なので注目です。

青森大会がいよいよ始まりますが、ぜひ青森代表として甲子園でホームランかっ飛ばして欲しいです!

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5