高校野球

明豊1年生森山塁が凄い!MAX143km &キレ抜群ルーキーの経歴やプロフィール

2021年夏の高校野球で、新たな怪物ルーキーとして注目を浴びているのが明豊高校・森山塁選手。

1年生ながら大分大会のマウンドに上がり、相手打線をビシバシ抑えて素晴らしい投球を見せています。

今年の選抜甲子園準優勝の実力校がさらにパワーアップして、大注目を浴びています。

その森山選手がどんな選手なのか、経歴や特徴などをまとめて紹介したいと思います。

森山塁の経歴やプロフィール

森山塁のプロフィール

名前:森山塁
学年:1年生
出身地:大分県日田市
利き手:右投げ右打ち
ポジション:投手
憧れ:大谷翔平

 

生い立ち

大分県出身の森山選手は、小さい頃から野球をやって遊んでいたそうです。

野球の実力は地元でかなり有名だったそうで、中学に進学すると強豪・日田ボーイズに入団することになります。

 

日田ボーイズでも大きく実力を伸ばして、学年を上がるごとに中心選手として活躍するようになります。

中学3年生の時にはチームのキャプテンでエースとなり、大会でも優勝を勝ち取るなど実績を積み重ねていました。

 

そんな森山選手の存在は、中学時代から密かに全国に広がっていたそう。

たくさんの野球名門校からの推薦が届いたと言われていて、進学先に注目が集まっていました。

声がかかっていたと言われる代表的な高校が「浦和学院」や「九州国際大付」だそうです。

誰もが知る甲子園常連校だらけ、それだけ魅力のある選手だったと高い評価だったんですね。

 

明豊高校進学後

そんな中、森山選手が進学先に選んだのが明豊高校でした。

進学理由は分かりませんが、地元の高校を選んだことは好印象を持ってしまいますね。

 

明豊高校といえば、ソフトバンクホークス今宮健太選手ヤクルトスワローズ濱田太貴選手の母校でもあります。

甲子園に何度も出場している大分県の超名門校として有名ですし、選手育成も素晴らしい高校です。

その分入学してくるライバルは強力で、大阪を中心に県外選手の入学がとても多いことでも有名な高校であります。

 

熾烈なレギュラー争いが繰り広げられる中、森山選手はなんと1年生で唯一夏の大会のベンチ入りを果たすことになります。

背番号19番を付け、地方大会でも先発に抜擢されて好投するなど早くも頭角を現してきていますね。

今後がますます楽しみな一年生ルーキーと言えるでしょう。

 

ちなみに、1年生ルーキーで最も活躍している投手といえば、横浜高校の杉山遙希選手でしょう。

2021年夏の甲子園大会に出場を果たし、しかも1年生ながら背番号1を背負ったエース左腕です。

2年後、確実にプロ注目の左腕になっているはずの逸材ですので、彼のことも知っておいてください。

 

横浜高校期待の1年生左腕・杉山遙希特集!技巧派左腕の経歴やプロフィール

 

森山塁の特徴やプレースタイル

 

ではこの森山選手は、いったいどんな特徴を持った選手なのでしょうか。

 

MAX140km超えのノビのある直球

森山選手の最大の特徴といえば、140km前後の素晴らしい球質のストレートでしょう。

彼は1年生ながらにして、すでにMAX143kmのスピードを記録している怪物です。

ボールのノビも抜群ですし、すでに高校トップクラスの投手と言っても過言ではないでしょう。

 

ゆったりとしたフォームから豪快に投げ込むストレートは、普通の高校生はなかなか打てません。

明豊高校は、エース京本選手を中心にすでに3投手揃っている状態なんですが、彼らに全く引けを取らないレベルにあると感じました。

 

これから鍛えればもっと球速アップするでしょうし、ポテンシャルは計り知れない選手と言えます。

将来がますます楽しみなルーキーですね。

 

100km前後の緩いカーブ

直球が素晴らしい森山選手ですが、それが活きるのは緩いカーブボールを持っているからです。

球速は100kmほどなのですが、非常に曲がりが大きく、タイミングをかなりズラされてしまいます。

映像を見るかぎり、ストレートとカーブだけで打者は完全に翻弄されているように感じます。

 

しかもこのカーブのコントロールが抜群で、カウントを取ることができています。

ストレート待ちの打者はすぐに追い込まれ、ボール球に手を出して三振してしまうシーンが目立っていました。

これも森山選手の武器でありすでに確立された投球パターンなのでしょう。

 

高校生離れしたマウンド度胸と落ち着き

この後に貼ってある投球動画を見て欲しいのですが、彼のマウンド度胸は高校生離れしています

ランナーが出ても動じる気配を見せないですし、常にマイペースで落ち着いて投げているように見えます。

何も情報を持っていない初見の人は、まさか彼が高校1年生だとは思わないでしょう。

 

ストレートとカーブの魅力はもちろんですが、その力を試合で発揮できるメンタルがなければ宝の持ち腐れ。

森山選手はメンタルが強そうですし、場慣れしている感じもしますので、今後も登板機会はたくさん与えられるでしょう。

 

ちなみに、同じ九州の強豪・福岡大大濠にも松尾尚哉選手という1年生投手がいます。

彼も地方大会からすでにマウンドに上がって活躍しているようで、森山選手同様注目されています。

ぜひ松尾選手も合わせてチェックしておいてください。

 

福岡大大濠の松尾光氣&尚哉兄弟がアツい!経歴や特徴やプロフィール紹介

 

まとめ

以上、明豊高校の1年生ルーキー森山塁選手についてご紹介をしてみました。

地元大分出身の素晴らしい逸材なので、高校でどんな活躍をするのか楽しみな選手です。

ぜひこれからも彼の活躍を期待して、応援していけたらなと思います。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5