高校野球

福岡大大濠1年生ルーキー藤田悠太郎特集!糸島ボーイズ主将の経歴や特徴は?

2021年夏の高校野球のシーズンが到来、今回特集するのは福岡大大濠の藤田悠太郎選手です。

高校1年生ながらすでに名門高校のスタメン出場を果たし、期待のルーキーとして注目されています。

藤田選手とはいったいどういった選手なのか、経歴・プロフィール・特徴などをご紹介します。

 

藤田悠太郎のプロフィールや経歴

藤田悠太郎のプロフィール

藤田悠太郎
2005年生まれ
福岡県糸島市
右投げ右打ち
内野手

 

生い立ち

福岡県の糸島市という場所で生まれ育ち、地元の南風小学校で野球をスタートした藤田選手。

小学校の頃から野球が非常にうまく、小学校6年生の頃ソフトバンクホークスジュニア選出されます。

この時のソフトバンクジュニアの同期には、名門広陵高校に進んでスタメン出場を続けている中尾湊選手や、西日本短大付に進学した大型ショートの江口翔人選手がいました。

 

広陵の世代最強1年生ルーキー中尾湊特集!名将・森祗晶譲りの実力や経歴!

 

ジュニア選手の選抜は非常に狭き門なので、素材としては一級品であることは間違いないです。

 

中学では地元の強豪・糸島ボーイズに入団。

糸島ボーイズは毎年100名を超える応募者の中から選考を行い、15人程度だけが入団。

九州地方のエリートが集まってくる集団と言われていて、毎年大会で優勝しているチームですね。

現在ソフトバンクで活躍している田浦文丸選手も糸島ボーイズ出身で、秀岳館高校を経てプロ入りしていますね。

 

藤田選手は糸島ボーイズ入団後、2年生の頃からスタメン出場をしていた逸材です。

2年生の頃は2番を打ち、3年生ではキャプテン・中軸・ショートを任せられるほどの選手に成長。

キャプテンシーと実力を兼ね備えた、素晴らしい選手の1人と高く評価されていますね。

 

福岡大大濠高校入学後

たくさんの高校からお誘いがあったそうですが、地元福岡の名門である福岡大大濠高校を選択。

入学直後から実力を認められ、春季大会2回戦から3試合連続でスタメン出場。

準々決勝で選抜甲子園準優勝の明豊に完封勝利するなど。勝利に大きく貢献しました。

 

ちなみに、福岡大大濠の春季大会には1年生メンバー4人がベンチ入り登録されています。

各選手それぞれこのような選手が抜擢されていました。

 

松尾尚哉  投手  福岡市立平尾中
八島夏月也 外野手 玄海ボーイズ
村上彰悟  捕手  北九州市立門司中
藤田悠太郎 内野手 糸島ボーイズ

 

各ポジションで一人ずつ選ばれているような感じですね。

藤田選手だけではなく、松尾選手も準決勝の具志川商戦でピッチャーとしてマウンドに立っています。

ホームランを打たれるなど厳しい敗戦となりましたが、新戦力が福岡大大濠にたくさん加わりました。

 

藤田選手をはじめ、夏の大会で誰がベンチ入りそしてスタメンを獲得するのか楽しみですね。

藤田悠太郎の特徴やプレースタイル

 

では、藤田選手は一体どんな選手なんでしょうか。

ここでは、彼の特徴やプレイスタイルについて分かってる範囲でお伝えしたいと思います。

 

パンチ力のある打撃

藤田選手の持ち味といえば、ライナー性の強い打球を打てる中距離ヒッターであることです。

春先の大会でも、ヒットに繋がらなかったものの外野にライナー性の打球を飛ばしていました。

パワーとセンスを感じましたし、強豪・福岡大大濠の6番を打つくらいなので打撃力のポテンシャルが高いのは間違いないでしょう。

 

ただ彼自身、写真や動画を見る限りはまだまだ体の線が細いと感じます。

一緒にプレイしている高校3年生の先輩と比べても、サイズがひと回り小さいことがわかります。

逆を言えば、それでも強い打球を打てるので、しっかり鍛えればもっと長打力は伸びていくことでしょう。

 

九州の野球ファンの方が、藤田選手のバッティング映像を撮影してTwitterで投稿されているのを発見。

少し手ブレがあって見にくいかもですが、数少ない動画だったのでここに掲載しておきますね。

 

 

安定した守備力

福岡の強豪・糸島ボーイズでショートを守っていただけあって、守備力もかなり高いです。

2年後、彼が3年生になった頃にはショートの不動のレギュラーになっている姿が見えますね。

 

2021年の福岡大大濠のショートは、プロも注目する2年生・山下恭吾選手が守っています。

走攻守ともにハイレベルな1番打者であり、春季大会の打率も4割を超える数字を残していました。

彼を抜いてショートを奪うのは非常にハードルが高いと思いますので、来年は二遊間を守ってくれたら面白いのにな〜と思っています。

なので、2021年夏の大会ではおそらくファーストでのスタメン出場がメインになるのではないかと予想しています。

 

まとめ

以上、福岡大大濠の1年生ルーキー藤田悠太郎選手の紹介をさせていただきました。

2021年選抜甲子園でベスト8に輝いた強豪校ですが、さらに新戦力が加わってパワーアップ。

夏の大会が非常に楽しみなチームですし、今後も注目してチェックしていこうと思います。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5