高校野球

広陵の世代最強1年生ルーキー中尾湊特集!名将・森祗晶譲りの実力や経歴!

2021年夏の高校野球に向けて、今回特集するのは名門広陵高校の1年生・中尾湊選手です。

甲子園常連校である広陵高校で、1年生ながら春の時点でセカンドの座を奪った注目の選手。

中尾選手が一体どんな選手なのか、プロフィールから特徴・評価までまとめてご紹介します。

 

中尾湊のプロフィールと成績

中尾湊のプロフィール

名前:中尾湊
生年月日:2005年生まれ
身長体重:170cm・75kg
出身地:福岡県北九州市
利き手:右投げ左打ち
ポジション:投手・内野手

 

生い立ち

福岡県の北九州市で生まれ育った中尾選手。

小さい頃から野球をスタートし、小学生時代は地元の「千代ウイングス」というチームに所属。

当時から非常に有名な選手で、小学校6年生の頃には福岡ソフトバンクホークスジュニアに選抜されています。

 

ジュニアに選抜されるだけでも狭き門なんですが、チームでは主将・エースに抜擢されて大活躍。

球速は130km近いボールをすでに投げられたとのことで、野球センスを高く評価されていました。

 

中学では飯塚ボーイズという強豪チームに所属、更なる成長を実現。

当時からピッチャーではなく内野手を希望していて、飯塚ボーイズではサードを守っていました。

練習場まで家から車で40分ほどかかる環境だったそうですが、レベルの高い場所を求めて通っていたそうです。

これは本人の強い意志もさることながら、ご両親の努力にも頭が下がりますね。

ちなみに飯塚ボーイズOBには、横浜高校から日本ハムに入団した高濱祐仁選手がいます。

 

そして、数ある高校の中から彼が選んだのは、広島の超名門である広陵高校。

たくさんのプロ野球選手を輩出している広陵で、どれだけの活躍ができるのか楽しみです。

 

野球一家の親族

中尾選手の家系には、野球経験者が何人かいます。

まず父親の豪さんですが、彼も福岡県内で野球を始めて社会人までやっていた人です。

久留米商業を卒業した後に昭和コンクリートという会社に入社して野球を続けていました。

 

そして凄いのが、中尾湊選手の母方の親戚には森祗晶さんがいます。

森さんといえば、王・長嶋を率いた巨人の黄金時代の正捕手であり、V9を成し遂げたメンバー。

「V9の頭脳」と呼ばれ、守備の要である捕手として素晴らしい実績を残されました。

さらに監督としては、西武で9年間のうち8回リーグ優勝を成し遂げるなど、球史に残る名将と呼ばれた肩です。

 

森さんは現在ハワイに在住されていますが、中尾選手はオンラインで野球の指導を受けたり、身振り手振りで個人レッスンを受けているそうです。

プロ野球で輝かしい実績を残された名将から直接指導を受けられるのは、この上ない素晴らしい環境だと言えますね。

小学校時代からハイレベルなプレーができたのも、野球一家の血を受け継いでいることと、一流の指導者からレクチャーを受けられる最高な環境があったからこそだと言えるのではないでしょうか。

 

広陵高校進学後

2021年4月から広陵高校に進学した中尾選手ですが、同学年の強力なライバル達を差し置いて、春季大会からセカンドのポジションでスタメン出場を果たしています。

広陵高校で1年生から出場って言うだけでとんでもないことですが、夏の大会でもスタメンを獲得するチャンスはあるので、今後にとても期待が持てるなと思います。

 

ちなみに、同じ1年生では広島佐伯リトルシニアから入学した松下水音選手も背番号を獲得しています。

この二人が夏の大会でもベンチ入り、もしくはスタメンを奪う可能性がありそうですので、ぜひ松下選手も注目して見ていてください。

中尾湊の特徴やプレースタイル

 

では、広陵高校1年生の中尾選手はどういった選手なのでしょうか。

ここからは彼の具体的なプレースタイルについてご紹介をしていこうかなと思います。

 

強肩好打の内野手

1年生にして、すでに攻守ともにレベルの高いプレーができるというのが中尾選手の特徴です。

身長170cmなのでスラッガータイプではないのですが、小学生時代にすでに130キロを投げていた強い肩は健在。

また打撃能力も高く、鋭いスイングで内野手や外野手の間を抜く打球が打てるこうだしたです。

 

2021年はセカンドのポジションを守っていますが、将来的にはサードやショートを守るようになるのではないかと予想しています。

それだけ肩が強いですし、フットワークも軽いので向いていると思っています。

 

小柄ながらガッシリとした体格

実際に見ていただくと分かるのですが、小柄ながらも下半身が非常に盛り上がっています。

中学生の頃からかなり鍛えられているなという印象を持ちました。

高校1年生でこの筋肉量は半端ではないです。

 

ガッシリとした体格なので、打席での安定感も非常に感じますし、春季大会の近大福山戦ではライトに2ランホームランも放っています。

上半身に関してはあまりわからなかったのですが、これから2年間しっかりと鍛えれば、さらに引き締まったフィジカルになると思われます。

 

堂々としたプレースタイル

よもや高校生1年生とは思えないような、堂々としたプレーが印象的です。

バッターボックスでの佇まいや守備での軽快な動きを見ても、すでに高校生離れしたものを感じます。

これは練習量そして自分の野球センスの高さを自覚していないとできないと思うので、広陵高校でさらに自信獲得して成長していって欲しいなと思います。

 

ちなみに、同じ世代の内野手だと横浜高校のショート・緒方漣選手は世代No.1と言われています。

緒方選手もすでにショートの座を掴んだそうで、高校1年生のライバル的存在になりそうですね。

二人とも2年後の高校野球を盛り上げるスター候補なので、ぜひ注目しておいてください。

 

名門横浜の鉄壁ルーキー緒方漣特集!世代No.1ショートの特徴や魅力は?

 

まとめ

以上、広陵高校に進学した中尾選手の特徴やプレースタイルを紹介してきました。

度肝を抜くようなスラッガータイプではないですが、走攻守全てにおいて高いレベルの高校1年生。

大きな舞台での場慣れもしているので、夏の大会でも好成績が見込めると思いますから要チェックです。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5