高校野球

大阪桐蔭強肩強打の1番宮下隼輔はどんな選手?経歴や特徴やプレー動画紹介

2021年夏の甲子園大会、高校野球界で今年も注目されているのが優勝候補・大阪桐蔭です。

春の選抜こそ敗れたものの、関西の春季大会では智辯学園を下して優勝しています。

そんな常勝軍団である大阪桐蔭の1番打者を務めるのが、プロ注目の宮下隼輔選手。

非常に素晴らしい逸材なので、彼の特徴や魅力そして動画をここで紹介したいと思います。

 

宮下隼輔のプロフィールや経歴

宮下隼輔のプロフィール

名前:宮下隼輔
身長体重:175cm/80kg
生年月日:2003年5月9日
出身地:愛知県大府市
利き手:右投げ右打ち
遠投:105m
50m:6.3秒
ポジション:三塁手

 

生い立ち

愛知県出身の宮下選手は、小学生時代から野球をスタートしています。

当時から非常に野球が上手くて有名で、小学校6年生では中日ドラゴンズジュニアに選抜。

この頃のチームメイトには、横浜高校の立花祥希選手や静岡高校の高須大雅選手もいました。

彼ら全員が2021年夏の甲子園出場していると考えると、すごいメンバーだなと改めて感じますね。

 

その後、中学に進学と同時に「東海中央ボーイズ」というボーイズリーグのチームに所属。

内野手として活躍し、3年生でボーイズ日本代表に選出されたという実績も持っています。

2018年ボーイズ日本代表には、盛岡大付の1番打者として活躍中の松本龍哉選手もいました。

高校通算64本のホームランを打っていて、驚異のスラッガーとして有名になっていますね。

 

大阪桐蔭進学後

宮下選手は数々の高校からのお誘いの中から、高校野球の名門中の名門である大阪桐蔭に進学。

愛知からはるばる大阪に移り、現在は大阪桐蔭の学生寮で生活をされています。

 

1年生の頃から注目はされていましたが、強力なライバルたちがいる中で出場はなし。

2年生の夏の大会から背番号20を付けてスタメン起用されるケースが増えました。

その地方大会では圧巻の成績を残していて、5試合で打率.563を記録。

レギュラーを獲得した秋の大会では、7試合で打率.435という素晴らしい成績を残しています。

 

通算本塁打数は2021年春の段階で11本ではあるものの、3年生に近づくにつれ量産体制。

2年生の秋季大会で11試合中4本のホームランを放ち、今まさに成長著しい選手と言えるでしょう。

そんな成長著しい宮下選手ですが、彼の特徴や魅力はいったいどんなものがあるのでしょうか。

宮下隼輔の特徴と魅力

 

ここからは、大阪桐蔭宮下選手のプレースタイルやストロングポイントをお伝えしたいと思います。

 

パワフルで積極的な打撃

1番打者と聞けば「俊足」というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、宮下選手は初球からガンガン振って長打を狙っていくパワフルなタイプの選手です。

後半の打撃動画もぜひ観て頂きたいんですが、ボールに対してフルスイングをしていける積極性を持っていて、さらにヘッドスピードが非常に速く打球もかなり速くて強いです。

大阪桐蔭高校のOBでいえば、現在楽天ゴールデンイーグルスで活躍している浅村栄斗選手を彷彿させるようなイメージ。

逆方向にも大きな打球を打てるのも似ていて、相当体を鍛えているなということがわかります。

近年だと、左右違いますが千葉ロッテに入団した藤原恭大選手もタイプが似ているかもですね。

 

実際、2年生秋の大会では履正社高校戦でバックスクリーンに特大のホームランを放っています。

天理戦でもプロ注目の達選手から決勝2ランホームランを叩き込んでいます。

速い直球にもパワー負けしない強さを持っているのが、彼の特徴のひとつです。

 

【2021.8.8追記】

2021年夏の甲子園出場を決めた大阪桐蔭、宮下選手は6番打者として大阪大会で活躍。

怪我の影響もあって打率.167と低迷しましたが、甲子園ではきっと復活してくれることでしょう。

ちなみに4番打者の花田旭選手は身体能力抜群で、打率5割を超える注目選手なので要チェックです。

 

2021年大阪桐蔭の4番・花田旭の潜在能力がエグい!経歴やプレー動画紹介

 

防御力の高い守備力

打撃力の高さだけじゃないのがさすが大阪桐蔭。

宮下選手は守備が上手くて評価もとても高いです。

 

秋の大会では11試合守って失策数0という素晴らしい数字を残しています。

動きも俊敏ですし、思い切りもいいので守備もかなり鍛えていることがわかります。

さらに肩も非常に強く、遠投105m投げられるほどの強肩の持ち主でもあります。

 

大阪桐蔭といえば、毎年高校トップクラスの打撃力を武器に勝ち上がる印象が強いですよね。

でも、目立たないですが、毎年エラーをしない固い守りにしっかり仕上げてきているのが凄いところ。

このように、宮下選手の特徴を一言で言うならば強肩強打の1番バッターと言えると思います。

 

ちなみに、大阪桐蔭の投手陣は今年もかなり豪華なメンバーになっています。

エース松浦慶斗選手をはじめ、竹中勇登選手・関戸康介選手・川原嗣貴選手はみんなエース級。

2021年も甲子園優勝候補という呼び声が高く、ぜひ投手陣にも注目して応援してくださいね。

 

2021年大阪桐蔭の豪華投手陣4選手紹介!松浦・竹中・関戸・川原の経歴と特徴

 

宮下隼輔のプレー動画

百聞は一見にしかずということで、 YouTubeにプレー動画を載せてくれている人がいたので、ここで紹介したいと思います。

 

 

まずやっぱり、大阪桐蔭はオーラというか圧倒的なエネルギーレベルが高いなという印象を受けます。

ノックひとつとっても全く隙がないと言うか、全員が集中してプレーしているなという感じです。

宮下選手の印象ですが、冷静に淡々というよりもパッションでプレイしているような感じがします。

積極的な打撃を見てもそれが伝わってくるので、大阪桐蔭らしい選手だなぁと言うプレイヤーです。

 

バッティングに関しては、スイングスピードは速いので当たればかなり遠くまで飛ばすなと。

一歩間違えればホームランという打球をたくさん打っているので、もう少し成長すればホームランは量産できるような感じがします。

素材的にも一級品、プロに注目されるのも頷ける選手ですね。

 

まとめ

以上、大阪桐蔭強肩強打の1番打者である宮下隼輔選手をご紹介しました。

浅村選手を思い出させるような、スケールの大きなスイングをしていて、ワクワクしますね。

2021年の夏の高校野球で間違いなく注目されると思うので、ぜひチェックしておいてください。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5