高校野球

【投手編】2021年夏の甲子園プロ注目選手全公開!球速や特徴まとめて紹介

2021年夏の甲子園大会に出場するチームの中で、プロ注目の選手たちがたくさん揃っています。

今年のメンバーで誰を中心に高校野球を楽しめば良いのか、ここで全てご紹介したいと思います。

今回の記事は「投手編」ということで、各チームのエースを詳しくお伝えさせていただきます。

 

2021夏の甲子園注目の投手

 

では早速ですが、期待の投手陣を1人ずつご紹介していきます。

 

北海高校 木村大成

プロフィール

名前:木村大成
出身地:北海道北広島市
身長体重:180cm/79kg
学年:3年生
利き手:左投げ左打ち
球速:MAX150km

 

この夏、高校生最速左腕150kmを記録しているのが北海高校の木村選手

大阪桐蔭のエース左腕・松浦慶斗選手も同じくMAX150kmですが、二人ともプロ注目です。

変化球はスライダー・カーブ・チェンジアップ、特にスライダーはキレが鋭く三振が奪えます。

 

肘などの関節がとても柔らかく、質の高いストレートを投げられるのが魅力的。

中学時代は学校の軟式野球部出身なのですが、高校に入って一気にブレイクしています。

牽制やフィールディングも上手く、プロの需要が高い左腕としてドラフト指名もあるでしょう。

 

ノースアジア大明桜高校 風間球打

プロフィール

名前:風間球打
出身地:山梨県甲州市
身長体重:183cm/81kg
学年:3年生
利き手:右投げ右打ち
球速:MAX157km

 

秋田県代表のノースアジア大明桜エース、高校生最速右腕として最も注目されているのが風間球打選手

MAX157kmを記録、すでにプロ顔負けの豪腕に成長した風間選手はドラフト1位筆頭でしょう。

変化球も4種類持っていて、スライダー・カーブ・フォーク・チェンジアップを投げ分けます。

 

中学時代はMAX135kmと突出した球速ではなかったのですが、高校で22kmも更新。

これは、元横浜ベイスターズ監督の尾花さんが総監督兼投手コーチとして指導した影響も大きいそう。

直球だけではなく100km前後の大きく曲がるカーブも使えるので、緩急も彼の魅力となっています。

 

秋田県大会決勝の秋田南戦では、3安打完封で優勝を決めるなど大舞台でも強いタイプです。

2021年最も注目度が高いのがこの風間選手なので、ぜひチェックをお忘れなくどうぞ!

 

東北学院高校 伊東大夢

プロフィール

名前:伊東大夢
出身地:宮城県仙台市
身長体重:187cm/88kg
学年:3年生
利き手:右投げ左打ち
球速:MAX147km

 

宮城県代表として初出場を果たした東北学院、エースの伊東大夢選手が注目されています。

MAX147kmの直球もすごいですが、187cmの長身から投げ下ろすスタイルもかなり強力。

それだけではなく、変化球のカーブとスライダーは落差がかなりあるので三振が奪えます。

 

投げ方は元ヤクルトの五十嵐亮太選手のような感じですが、まだ未完成の印象があります。

体格はかなり恵まれている選手ですので、甲子園でさらに覚醒する可能性は大いにあるでしょう。

初出場のチームで勝ち上がるには、伊東選手の好投がキーポイントになることは間違いないでしょう。

 

東北学院4番エース伊東大夢にプロ注目!MAX147km右腕の経歴やプロフィール

 

専大松戸高校 深沢鳳介

プロフィール

名前:深沢鳳介
出身地:東京都江戸川区
身長体重:177cm/75kg
学年:3年生
利き手:右投げ右打ち
球速:MAX144km

 

制球力とキレが抜群で、千葉県代表となった専大松戸のエース深沢鳳介選手もプロ注目

最大の武器である切れ味も落差も大きなスライダーが魅力で、多くの奪三振が期待できます。

MAX144kmながらホームベースを広く使った投球術が素晴らしく、コントロールも◎です。

 

深沢選手も北海の木村選手と同様、もともとは中学校の軟式野球部出身の選手です。

中学1年生からすでにエースとして活躍し、全国大会準優勝投手として大きな注目を浴びていました。

高校で硬式に転向してからもメキメキと実力を伸ばし、春季関東大会の優勝にも導きました。

 

ちなみに、今年の専大松戸は前評判が非常に高く、優勝候補との呼び声もあります。

深沢選手だけではなく、岡本・中舘・谷口選手も全員140km超えの控え投手としてスタンバイ。

投打ともにかなりハイレベルなチームに仕上がっているので、専大松戸自身にもぜひ注目を。

 

2021年専大松戸エース深沢と注目選手紹介!戦力分析や甲子園成績もまとめ

 

二松学舎大付属高校 秋山正雲

プロフィール

名前:秋山正雲
出身地:千葉県流山市
身長体重:170cm/75kg
学年:3年生
利き手:左投げ左打ち
球速:MAX146km

 

東京都No.1左腕として評価急上昇しているのが、二松学舎大付の秋山正雲選手

同校から巨人へ入団した大江竜聖選手を彷彿とさせる、伸びのあるストレートが魅力。

東東京大会の決勝・関東第一戦では、威力のある直球で相手をねじ伏せていたのが印象的です。

 

MAX146kmの球速を中心に、外に逃げるチェンジアップ・シンカーを投げて打ち取るスタイル。

2021年3月からカットボールをマスターしたそうで、甲子園でも披露されるかもしれません。

打撃も打率.636というハイアベレージを残しており、投打での活躍が期待できる選手です。

 

二松学舎の東京No.1左腕・秋山正雲の球速や変化球は?プロ注目の実力評価

横浜高校 金井慎之介&杉山遙希

プロフィール

名前:金井慎之介
出身地:神奈川県川崎市
身長体重:183cm/73kg
学年:3年生
利き手:左投げ左打ち
球速:MAX148km

名前:杉山遙希
出身地:東京都板橋区
身長体重:180cm/75kg
学年:1年生
利き手:左投げ左打ち
球速:MAX139km

 

今年の横浜高校には素晴らしい2人の左腕がいて、激戦の神奈川県大会を勝ち抜いてきました。

エースは金井慎之介選手で、MAX148kmのスピードボールでドンドン攻める投球が特徴的です。

スリークウォーター気味のフォームから、スライダー・チェンジアップも織り交ぜて投げます。

 

小学生時代に横浜DeNAベイスターズジュニア選抜入り、同じ横浜の宮田知弥選手とともに選出。

中学生時代はボーイズ関東代表、U15日本代表など数々の実績を持っているプロ注目の左腕です。

 

そんな金井選手と同じ東京城南ボーイズ出身で、1年生左腕ながら抜擢されたのが杉山遙希選手

MAX139kmながら、体感速度140km後半と言われる伸びるストレートを持った期待のルーキー。

持ち前の強心臓から、ピンチの場面や神奈川大会決勝で先発起用されるケースが増えていますね。

 

杉山選手は読売ジャイアンツジュニア選抜で、中学時代は東東京選抜という輝かしい経歴の持ち主。

たくさんの強豪校からのお誘いの中から、横浜高校への進学を選び1年生からすでに主力で活躍中。

甲子園の舞台でも活躍が期待される左腕ですので、ぜひ覚えておいて欲しいなと思います。

 

横浜高校期待の1年生左腕・杉山遙希特集!技巧派左腕の経歴やプロフィール

 

静岡高校 高須大雅

プロフィール

名前:高須大雅
出身地:静岡県磐田市
身長体重:191cm/73kg
学年:3年生
利き手:右投げ右打ち
球速:MAX144km

 

静岡県大会で37イニング無失点で甲子園出場を決めた、評価うなぎ上りの右腕・高須大雅選手

191cmの長身から投げ下ろす角度のあるボールで、相手打線を封じ込める投球が魅力的ですね。

まさに素材型選手が開花しつつある感じで、甲子園で一躍有名になる可能性を秘めた選手と言えます。

 

MAX144kmと目立った球速は出てないですが、キレとパワーがあり思った以上に差し込まれます。

体重73kgと身長の割に少し細い印象なので、もっと鍛えれば球速150kmも夢ではないでしょう。

コントロールもフィールディングも上手なので、将来性豊かな好素材としてプロも注目しています。

 

本人も自ら「高卒でのプロ入りが目標」と公言していますし、甲子園にかける気持ちは強いでしょう。

全国の強豪相手にどこまで実力が通用するのか、彼のさらなる成長を期待して見てみたいと思います。

 

神戸国際大付属高校 阪上翔也

プロフィール

名前:阪上翔也
出身地:兵庫県伊丹市
身長体重:181cm/77kg
学年:3年生
利き手:右投げ右打ち
球速:MAX147km

 

兵庫県の二刀流選手、投打ともに高校トップクラスの実力を持っているのが阪上翔也選手

もともと外野手として1年生から試合に出場していたのですが、2年生秋からエースに抜擢。

打っては高校通算30本塁打、投げてはMAX147kmと二刀流選手として大注目のプレーヤーです。

 

投手としての実績はまだ少なく未知数ですが、間違いなく潜在能力が高い人物。

スライダー・カーブ・カット・スプリット・ツーシームなど、球種も豊富で上手く操れます。

野手としては、遠投115m・50m6.0秒と走攻守すべてで高いレベルを持っている選手でもあります。

 

甲子園大会では3番投手としての出場濃厚ですので、彼の二刀流の実力をぜひ見てみてください。

高卒プロ入りを目標としているので、甲子園の大舞台でどこまで活躍できるか期待したいと思います。

 

大阪桐蔭高校 松浦慶斗&関戸康介&竹中勇登&川原嗣貴

 

彼らをまとめたプロフィールや経歴は、この後に貼っている記事をぜひご覧ください。

 

今年の大阪桐蔭も投手陣は豪華なメンバーが揃っていて、全員が実力あるピッチャーです。

エースナンバーは今年の高校生最速左腕・松浦慶斗選手で、MAX150kmを投げる豪腕です。

そして、MAX154km右腕の関戸康介選手、制球力と安定感の高い竹中勇登選手、2年生の川原嗣貴選手。

もはやどの選手も他校ならエースとして活躍できる選手ばかりですが、本当に強力なチームです。

 

ただし、選抜甲子園では松浦・関戸の両選手の制球力が定まらずに初戦敗退しています。

全員がハイレベルである一方で、絶対的エースが誰なのかは決まっていない状況でもあります。

甲子園のような長期戦では圧倒的有利ですが、大事な試合で勝ち切ることができるかがポイント。

これらの4選手が、甲子園でどれだけの成長とプレーを見せてくれるか、ファンとして楽しみです。

 

2021年大阪桐蔭の豪華投手陣4選手紹介!松浦・竹中・関戸・川原の経歴と特徴

 

明豊高校 京本眞&森山塁

プロフィール

名前:京本眞
出身地:大阪市西淀川区
身長体重:189cm/87kg
学年:3年生
利き手:右投げ右打ち
球速:MAX146km

名前:森山塁
出身地:大分県日田市
学年:1年生
利き手:右投げ右打ち
球速:MAX143km

 

選抜甲子園準優勝に輝いた明豊高校、エース京本選手と1年生ルーキー森山選手に注目です。

京本選手は身長189cmのスケール大きい投手で、プロ注目のポテンシャルを秘めています。

ピンチの場面での強気な投球も魅力的ですし、ドラフト上位指名もあると言われています。

 

明豊には京本選手の他に、太田・財原選手という素晴らしい控え投手陣もいます。

選手層の厚い投手陣ですが、そこに割って入っているのが黄金ルーキー森山塁選手。

伸びのあるMAX143kmのストレートを軸に、100km前後の緩いカーブを組み合わせるタイプ。

大分県大会でも1年生とは思えない素晴らしい投球を披露して、高校野球ファンを唸らせました。

 

地方大会では危なげない戦いで甲子園出場を決めた明豊、夏の甲子園も優勝候補に入るでしょう。

さらに強力メンバーとなった投手陣がどこまで活躍するかが、ポイントになるのではないでしょうか。

 

明豊怪物1年生ルーキー森山塁が凄い!MAX143km右腕の経歴やプロフィール

 

このように、今年も素晴らしい投手たちが甲子園の舞台に登場することになります。

今回は投手編としてご紹介しましたが、プロ注目の野手編として別記事にまとめています。

ぜひこちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

 

【野手編】2021年夏の甲子園プロ注目11選手全公開!特徴や経歴まとめて紹介

 

まとめ

以上、2021年夏の甲子園に出場するチームの注目投手をピックアップして紹介しました。

甲子園での活躍がプロへの近道になりますし、出場選手はかなり気合いが入っていることでしょう。

成長著しい高校生ですから、一躍有名になる選手もいると思いますし、本当に楽しみですね。

新しい選手は随時アップデートしますので、紹介した選手たちにぜひ注目して観戦してください。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5