高校野球

2021年夏の大阪桐蔭の戦力が最強すぎる!注目選手や戦力分析を紹介

2021年夏の甲子園大会ですが、今年も大阪代表の大阪桐蔭高校に注目が集まっています。

その戦力たるや超高校級メンバーがズラリ、優勝候補筆頭に挙げられていますね。

では今年の大阪桐蔭はどんなメンバーが注目なのか、ここでご紹介してみたいなと思います。

 

2021年大阪桐蔭の注目選手

 

今年も強力な戦力を整えてきた大阪桐蔭高校、圧倒的な力で勝ち上がってきています。

全員が注目選手というレベルではあるんですが、特に注目して欲しい選手をピックアップします。

 

サード 宮下隼輔

プロフィール

名前:宮下隼輔
身長体重:175cm/80kg
生年月日:2003年5月9日
出身地:愛知県大府市
利き手:右投げ右打ち

 

強肩強打がウリの1番サードと務めるのが、プロ注目の宮下隼輔選手です。

大阪桐蔭OBの浅村栄斗選手を彷彿とさせるような、思い切りの良い打撃が魅力的。

2年生から3年生にかけて本塁打も増産し、持ち前のパワーも磨きがかかってきています。

 

宮下選手は中学時代は東海ボーイズに所属し、日本代表にも選出されていた選手です。

東海ボーイズといえば、大阪桐蔭から立教大学に進学した山田健太選手の出身チームでもあります。

打撃力が目立つ宮下選手ですが、2020年秋季大会では守備の失策ゼロという記録も打ち立てています。

 

夏の大阪大会前に怪我をして一時離脱していましたが、見事スタメン復帰を果たしています。

大阪桐蔭らしい切込隊長の宮下選手、甲子園でも大暴れしてくれることを期待しています。

 

大阪桐蔭強肩強打の1番宮下隼輔はどんな選手?経歴や特徴やプレー動画紹介

 

ショート 藤原夏暉

プロフィール

名前:藤原夏
身長体重:177cm/80kg

生年月日:2003年7月10日
出身地:大阪府和泉市
利き手:右投げ両打ち

 

高校生No.1スイッチヒッターと呼び声高いのが藤原選手。

そもそも高校生でスイッチヒッターに挑戦するのが珍しいですが、左右ともに打撃力は抜群です。

 

藤原選手は大阪和泉ボーイズというチーム出身なんですが、小学生時代にソフトボールで全国制覇。

その後中学から硬式野球に転向すると、宮下選手と同じく日本代表に選出されるほどの逸材に。

藤原選手は2番打者なんですが、つまり大阪桐蔭の1・2番は中学日本代表という豪華な布陣なんです。

 

さらに俊足堅守も併せ持っている選手なので、ショートに抜擢されています。

ちなみに、大阪桐蔭からロッテに入団した藤原恭大選手の弟?との噂がありますが、これはデマ。

 

彼もプロに注目されている内野手ですので、甲子園でどこまで実力発揮できるかが見ものですね。

 

大阪桐蔭の世代No.1スイッチ藤原夏暉特集!兄はロッテ藤原恭大?動画も紹介

 

ライト 花田旭

プロフィール

名前:花田旭
身長体重:186cm/84kg

生年月日:2003年4月23日
出身地:大阪府東大阪市
利き手:右投げ右打ち

 

大阪桐蔭で最も潜在能力が高く、昨年秋から一気に実力を伸ばしたのが花田旭選手

パワーヒッターの選手が多い中、花田選手は鋭くシャープな打撃で遠くへ飛ばす能力に長けています。

 

大阪出身で中学時代にU15日本代表に選ばれた選手なんですが、高校では2年生秋から試合に出場。

下位打線からスタートした花田選手ですが、メキメキ上達してついに4番打者を任されるまでに。

恵まれた体格も素晴らしいですし、野球のセンスや才能も際立つ魅力的な選手と言えます。

 

そして、彼の最大の魅力と言われているのが遠投110mを記録するほどの強肩です。

ライトから鋭いボールで内野やホームに返球する姿は、もはや高校生とは思えないレベル。

打撃だけではなく守備もぜひ注目して見てもらえたらなと思います。

 

大阪桐蔭の4番・花田旭の潜在能力がエグい!経歴やプレー動画紹介

鉄壁投手陣(松浦・竹中・関戸・川原)

 

最後になりますが、やはり今年の大阪桐蔭といえば鉄壁の投手陣4選手ではないでしょうか。

全員がすでにMAX140kmを超えていて、他の高校なら全員がエースとして活躍できるメンバーです。

いやほんと、、大阪桐蔭の選手層の厚さと激しい競争力には驚かされるばかりですね。

 

激戦を勝ち抜いてエースナンバーをゲットしたのは、左腕・松浦慶斗選手でした。

高校生左腕最速のMAX150kmを記録していて、さらには多彩な変化球も持っている逸材。

制球力に不安があり選抜甲子園では敗退してしまいましたが、ポテンシャルは十分な選手。

 

竹中勇登選手は抜群の制球力を持ち、関戸選手はMX154kmの剛腕タイプの右腕です。

そして2年生の川原選手は188cmの長身から投げ下ろすタイプで、来年のエース候補です。

これだけの選手がいれば大崩れする可能性は少ないでしょうし、本当に強いと感じます。

 

誰がどの試合で投げるか予想不能ですが、ぜひ甲子園では鉄壁の投手陣にも注目してくださいね。

 

2021年大阪桐蔭の豪華投手陣4選手紹介!松浦・竹中・関戸・川原の経歴と特徴は?

 

まとめ

以上、2021年夏の甲子園大会に挑む大阪桐蔭高校の戦力と注目選手をご紹介しました。

毎年素晴らしいチームに仕上げる西谷監督も凄いですが、元日本代表選手だらけの人材も凄い。

選抜甲子園で初戦敗退した大阪桐蔭、果たしてどこまで勝ち進めることができるのか楽しみですね。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5