高校野球

二松学舎の東京No.1左腕・秋山正雲の球速や変化球は?プロ注目の実力評価!

2021年夏の高校野球が本格的にスタートしましたが、今回特集するのは二松学舎の秋山正雲選手。

今年の東京都No.1左腕と言われ、プロも注目している今秋のドラフト候補選手です。

彼の魅力や特徴、プロフィールなどをまとめてここでご紹介したいと思います。

 

秋山正雲の経歴やプロフィール

秋山正雲のプロフィール

秋山正雲(あきやませいうん)
2003年4月29日生まれ
170cm/75kg
千葉県流山市
左投げ左打
投手

 

生い立ち

千葉県の流山市というところで生まれ育ち、小学生の頃から地元の野球チームに所属していた秋山選手。

当時から千葉県内でもとても有名な選手で、6年生の時には東京ヤクルトスワローズジュニアに選出されています。

 

この年に選抜された同級生では、日大三高の1番打者・星憂芽選手東海大相模の1番打者・大塚瑠晏選手など、プロ注目選手が育っています。

秋山選手もその一人で、中学進学と同時に荒川リトルシニアというチームに入団することを決めます。

 

この荒川リトルシニアというチームは、 東京都の城東ブロックに所属している強豪チームです。

最も有名なOB選手といえば、二松学舎から広島カープに指名され、侍ジャパンにも選出された鈴木誠也選手もこのチーム出身です。

秋山選手も鈴木誠也選手と全く同じ経歴を歩んでいるので、憧れを抱いているのかもしれませんね。

 

二松学舎進学後

荒川リトルシニアでエースとして大活躍した秋山選手は、数々の高校からのお誘いの中から、二松学舎を進学先として選択します。

現在部員66名で構成されるチームですが、1都3県から有能な選手が集まる名門チームとして有名。

大勢の上級生や同級生とこれまで、激しいスタメン争いが繰り広げられてきたことでしょう。

 

そんな中、秋山選手は1年生秋から公式戦で登板するようになり、球速もどんどんアップしていきます。

2年生秋からはエースとして君臨し、メキメキ実力をつけ、やがて東京都No.1左腕と言われるほどになりました。

 

2021年夏の大会では絶対的エースとして戦うわけですが、二松学舎には2年生の布施東海選手が2番手として成長著しく、また1年生の宮下歩夢選手もベンチ入りするとの噂です。

この3枚看板で万全の投手陣が形成され、特徴である破壊力のある打線も持つチームなので、非常に楽しみな戦いになるのではないかと思います。

秋山正雲の球速や変化球は?

 

素晴らしい実力を持つ秋山選手ですが、球速や変化球などはどのレベルにあるのでしょうか。

ここでは、秋山選手の特徴やプレースタイルも含めてご紹介したいと思います。

 

MAX146kmの本格派左腕

2021年6月の練習試合で、秋山選手はこれまでの144kmから2km更新して146kmを記録しました。

170cmという小柄な投手にも関わらず、とても馬力のある素晴らしい速球を投げることができます。

2021年高校生投手全体で見ると、トップは154kmを計測している高知高校・森木大智選手大阪桐蔭・関戸康介選手

この二人を皮切りに、速球派投手が例年以上に全国にたくさん存在しています。

 

特に私が注目しているのが、愛知県の刈谷高校にいるMAX150kmエース遠藤泰介選手です。

彼は球速ももちろんのこと、偏差値70の頭脳も持った秀才であることも魅力に感じています。

愛知県で大旋風を起こす可能性がある選手ですので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

 

刈谷高の遠藤泰介特集!偏差値70超&150km右腕の経歴や成績や動画紹介!

 

ただその中でも、秋山選手がひときわ注目を浴びるのは、速球の質が抜群に良いからです。

体感速度で150kmを超えるくらいの威力があり、打席に立った経験がある人曰く、藤川球児さんバリにボールが浮き上がってくる感じなんだそうです。

 

市原監督も、秋山選手のことをこのようにコメントされています。

 

市原監督

ストレートにの日があって、ホームベース上で一番力がある状態になるのが魅力。マウンド度胸もあって、巨人で活躍するOB大江竜聖を彷彿とさせる選手です。

 

一方で、まだ発展途上の選手だとのことですので、夏の大会でどこまで進化を見せてくれるのか楽しみですね。

 

緩急のある多彩な変化球

速球だけでも充分勝負が出来る秋山選手ですが、変化球のレベルも非常に高いと言われています。

チェンジアップ・シンカー気味の抜けるボールをとても効果的に投げ分けることができます。

また2021年3月からカットボールも練習し始めたそうで、この夏の大会で決め球として使いたいと考えているそうです。

 

秋山選手がここまで大きく成長できたのは、昨年巨人に入団して大注目を浴びた秋広優人選手の存在が大きかったそうです。

一緒に練習していたことはもちろん、高卒1年目ながらプロで大注目を浴びたことが刺激になっているとのことです。

 

ちなみに、東京都内のNo.1右腕には関東一高・市川祐選手がいます。

1年生の時に甲子園のマウンドを経験し、速球・変化球・制球力・マウンド度胸すべてで高評価。

東東京地区の最大のライバル校でもありますし、甲子園出場のためには倒さなければいけないチーム。

地方大会の決勝でガチンコ対決ってのも面白そうですけど、果たしてどこが勝ち上がるのでしょうか。

 

まとめ

以上、二松学舎大付属の左腕エース・秋山正雲選手をピックアップしてご紹介しました。

甲子園で活躍すればドラフト指名される可能性が高まる選手なので、ぜひ頑張って欲しいです。

また新しい情報などあれば更新していきますので、チェックしてもらえると嬉しいです。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5