ニュース

【危険】豪雨で熱海土砂崩れ、沼津黄瀬川大橋の崩壊のTwitter動画まとめ

2021年の梅雨シーズン、梅雨前線が活発化したことで非常に激しい豪雨が7月の頭に降り注ぎました。

この影響で関東地方を中心に、これまでにないような大きな被害が出ています。

Twitter上で現地の情報をリアルタイムで配信してくれていたので、ここでご紹介したいと思います。

 

熱海での土砂崩れ、土石流被害

わずか24秒の動画ですが、とても衝撃的な映像が配信されていました。

日本の観光名所である熱海において、豪雨による大規模な土砂崩れが発生しました。

山の斜面に古い建物がずらっと並んでいますが、土石流によって一気に下流の方へ流されていってしまいました。

 

 

近くには消防員の方々が立っていますが、その近くまで土石流が一気に押し寄せてきていて非常に危険な状態になっています。

慌てて消防員の方も走って逃げていますが、間一髪で逃げ切れたようでした。

 

まさか熱海において、こんな大きな土砂災害が起こるなんて、、

20名以上の方がこの土石流によって行方不明になってしまったようです。

どうか皆さんご無事でいて欲しいですし、すぐに避難をされてください。

 

 

さらに熱海の下流付近の映像ですが、無謀にも車で移動している人がいました。

避難の途中だったのでしょうか、勢いが弱まった土石流と遭遇し、流されそうになっています。

 

これも非常に危険なアクシデントだと思いますが、土石流の勢いがなくて本当によかった、、

そう思った瞬間、上流から土砂崩れが起こってしまっています。

下流に降っていった車は果たして無事なんでしょうか。。。

沼津黄瀬川大橋の崩壊

静岡県沼津市内にある、黄瀬川にかかっている黄瀬川大橋が、冠水によって崩壊してしまいました。

朝方には普通に車が往来していた橋ですが、豪雨によって橋が折れてしまっています。

近場の住宅は、川の氾濫によって流された箇所もあるそうですが、非常に危険です。

 

 

 

 

 

こちらは黄瀬川の途中にある、鮎壺の滝という場所。

普段は水流も穏やかで綺麗な場所なんですが、濁流に飲み込まれています。

撮影者さんも早く逃げないと危ない!と感じてしまうくらいの、激しい勢いです。

 

まとめ

土砂崩れや濁流を見ると、10年前に起こった東日本大震災での津波被害を思い出します。

日本は災害大国と言われていますが、守れる命はしっかりと守っていかないとダメですね。

自己防衛が一番大切な考え方だと思いますので、危険を感じた時にはすぐに避難してくださいね。

-ニュース

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5