高校野球

三重高校ルーキー野田泰市特集!1年生で最多安打記録の経歴やプロフィール

2021年夏の甲子園大会出場を決めた三重高校、ここに野田泰市選手という黄金ルーキーがいます。

全国の地方大会で最多18安打を記録し、打撃センスの高さに一躍注目を浴びて話題になっています。

この野田選手とはいったいどんな選手なのか、経歴やプロフィール、特徴などを紹介したいと思います。

 

野田泰市の経歴やプロフィール

プロフィール

名前:野田泰市
生まれ:2005年度
学年:1年生
身長体重:177cm/76kg
出身地: 三重県尾鷲市
利き手:右投げ左打ち
ポジション:ライト

 

生い立ち

三重県尾鷲市という場所に生まれ育った野田選手は、小学校3年生から地元のリトルリーグに入団。

当時から野球が上手くて熱心に練習していたそうで、中学進学と同時に奥伊勢松阪シニアに入団。

 

奥伊勢松阪シニアは地元でも有名な強豪で、地方大会でも何度も優勝するほど強いチーム。

そのチームで大きく成長した野田選手は、中学3年生の頃には4番打者としてチームを牽引。

3年生夏の東海大会では準優勝を果たし、ベストナインに選出されるなど活躍していました。

当時から打撃センスや能力の高さが頭ひとつ抜けていて、彼の進学先に注目が集まっていました。

 

ちなみに、野田選手は日本代表や各地方の選抜チームに選出された経験自体はありません。

1年生で主力となっている横浜高校の杉山遙希選手なんかは、東東京選抜に選ばれてたりします。

横浜のエースナンバーを1年生で奪うのは並大抵ではないので、一緒に注目してもらえたらと思います。

 

横浜高校期待の1年生左腕・杉山遙希特集!技巧派左腕の経歴やプロフィール

 

三重高校進学後

そんな野田選手が進学先の高校に選んだのが、地元の名門・三重高校でした。

7年ぶり13回目の夏の甲子園となりましたが、過去に全国準優勝の経験もある名門校です。

3年生56人、全学年で100人を超える巨大野球部でもあり、レギュラー争いは熾烈を極めます。

 

強力なライバルたちがひしめく中、野田選手は夏の地方大会で背番号19をゲットしてベンチ入り。

彼の打撃能力の高さを沖田監督が見抜き、初戦から2番打者として起用するという大抜擢を行いました。

結果、初戦の徳風戦で9打数8安打の大暴れ、全6試合でヒットを放ち打率.600を残してフィニッシュ

12打点はチームトップの成績ですし、18安打は全国トップの安打数となりました。

 

ちなみに、2位は17安打を放った大阪桐蔭・池田陵真選手や横浜・立花祥希選手。

いずれもプロ注目のスラッガーですが、彼らを抑えて1位になった1年生として注目中。

甲子園の舞台でも目が離せませんし、どこまで活躍を見せてくれるのか非常に楽しみですね。

 

2021夏の甲子園個人打率ランキングTOP10!地方大会の成績をまとめてみた

野田泰市の特徴やプレースタイル

 

では、この野田選手はいったいどんな特徴を持った選手なのでしょうか。

ここでは彼の魅力やプレースタイルを具体的にご紹介したいなと思います。

 

類稀なる高い打撃センス

野田選手の最大の特徴と言えば、どんな球でもヒットにできる高い打撃センスでしょう。

長打も単打も打てるセンスは魅力的ですし、三重大会の30打数18安打の数字も物語っています。

まさに「スーパールーキー」という名にふさわしい活躍をしている選手と言えます。

 

ちなみに、三重高校の1番打者である永井誠梧選手も好打者で、打率.462の高打率をマークしています。

この2選手の打撃能力と出塁率の高さが三重のキーポイントなので、甲子園でも注目ポイント。

1・2番が出塁して4番の主将・池田彪我選手に繋げられるかどうかが勝敗を分けるでしょう。

 

物怖じしない強心臓

1年生ながら、プレッシャーのかかる大事な場面でもしっかり結果を出す強いハートも魅力です。

初めての夏の大会で最多安打を記録したのももちろん、準決勝で唯一4安打を放つ強さを持っています。

三重の沖田監督も「プレッシャーに物怖じしない」と評価しており、甲子園の大舞台も問題なし。

 

1年生ルーキーと言えば、今大会最高打率.667を残した高岡商業・石黒和弥選手を思い出します。

今年は3年生として出場となりますが、1年生の頃はスーパールーキーとして甲子園で活躍しました。

石黒選手のように、大舞台で力を発揮できる性格を持っていると思うので、それも野田選手の強み。

 

あとは各地方の強豪校と甲子園で対戦し、野田選手の実力が通用するかどうか。

最多安打といえど、初戦の徳風戦はチーム65得点を挙げた試合ゆえに少しブーストされた感もあり。

甲子園での対戦で彼自身の本当の力が試されると思うので、初戦の樟南戦はとても楽しみですね。

 

まとめ

以上、三重県代表の三重高校1年生・野田泰市選手について特集してご紹介しました。

素晴らしい打撃センスを持った選手なので、甲子園での活躍や今後の成長に期待ができます。

三重高校は池田主将を中心にチーム力が高く、守備からリズムを作る堅実なチームカラーです。

2年ぶりに開催される甲子園大会でその実力が発揮できるか、しっかりと観戦したいと思います。

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5