スポーツ

阪神イケメン梅野隆太郎の家族や嫁と子供の情報!成績や年俸推移まとめ

阪神タイガースの扇の要として大活躍しているのが、正捕手の梅野隆太郎選手。

東京五輪の侍ジャパン選出、ゴールデングラブ賞も受賞し、セ・リーグを代表する捕手になりました。

そんな梅野選手のプライベート調査しましたので、生い立ちから年俸までをご紹介させていただきます。

 

梅野隆太郎の生い立ち

梅野隆太郎プロフィール

名前:梅野隆太郎
出身地:福岡県那珂川氏
生年月日:1991年6月17日
身長体重:173cm/77kg
ポジション:キャッチャー
利き手:右投げ右打ち
入団:2013年ドラフト4位

 

青少年時代

梅野家の長男として福岡県で生まれ育った梅野選手は、小学校2年生の頃から野球をスタート。

片縄ビクトリー」という地元の少年野球チームに所属し、4年生の時に外野から捕手に抜擢。

この時のコーチは梅野選手のお父さんで、息子の才能を見込んで起用したんだそうです。

 

中学では「那珂川シャークス」という強豪クラブチームに入団し、そこで一気に頭角を現します。

4番捕手としてチームを牽引し、数々の大会で優勝するなど地元でも有名な選手になったそうです。

その活躍が認められ、福岡県内の強豪校である福岡工大城東高校に進学することに決まります。

 

福岡工大城東高校時代

梅野選手は福岡工大城東に特待生で入学、学費が免除されていたそうです。

期待されて入った高校では、期待どおりの活躍をして1年生の夏からベンチ入りを果たします。

2年生秋からは主将になり、高校通算24本塁打のスラッガーとしてプロからも注目されていました。

 

ちなみに、この時代の福岡工大城東は黄金期と言われており、多くのプロ野球選手を輩出。

2年上に広島・安部友裕選手、1年上に元巨人・笠原将生選手、1年下にソフトバンク中谷将大選手。

錚々たるメンツが梅野選手の時代にいた中で、大黒柱として活躍していたのはさすがですね。

 

その当時のことを、笠原将生さんはYouTubeでこのように語られていました。

 

 

「高校の時から素質が凄くて。自分が巨人入って、巨人の九州スカウト担当から梅野のこと聞かれた時、あれは絶対とった方がいいですと即答しました。でも身長が170ちょっとしかなくて、評価が低くて取らなかった。なんで?と思いました」

 

梅野選手自身も実力不足と自覚していたらしく、そのまま地元の福岡大学への進学を決めることに。

そこから梅野選手はさらなる飛躍を遂げることになります。

 

福岡大学時代

大学入学早々、1年生春から高い打撃力を買われてDHとしてリーグ戦出場。

さらに捕手としての才能も開花し始めて、1年生秋からは捕手として試合出場を果たします。

持ち前の強気なリードと打撃力、そして統率力も兼ね備えた梅野選手は大学でも主将になります。

 

3年生になると、強肩強打の捕手としてプロのスカウトからも評価が高まりドラフト候補へ。

4年生夏には大学日本代表にも選出され、さらに主将まで務めるほど信頼や評価が高い選手でした。

打率3割超え、ホームランも打てる捕手は魅力的ですし、そんな彼に注目したのが田中秀太スカウト。

 

そして、2013年ドラフト会議で阪神タイガースから4位指名を受け、夢のプロ野球選手に。

ドラフト会議の直前には、インタビューに対してこのように語られていました。

 

プロになった後は仕事としてみないと、プロ野球選手という肩書きだけでは満足できない。捕手として一軍で出られるチャンスがある球団に入りたいと願っていますし、長くプレーすることが目標です。

 

梅野選手が入団した当時の阪神は、正捕手が固定されていなかったので幸運と言えます。

そこから正捕手になるまで相当な時間と苦労をしたわけですが、2021年現在は立派な正捕手。

東京五輪でも日本代表として出場していましたし、ますます楽しみになってきていますね。


 

梅野隆太郎の家族構成や兄弟

 

では次に、梅野選手のご家族について紹介したいと思います。

 

母:梅野啓子

 

梅野選手のお母さんの名前は、梅野啓子さんといいます。

息子のプロ野球選手の夢を献身的にサポートし、信じてくれた一番身近な存在だったそうです。

 

母・啓子さんは、梅野選手が小学4年生の時に卵巣がんで他界されています。

病室のベッドで「隆太郎をプロ野球選手に」という言葉を残したそうで、それを実現しています。

お母さんの言葉も素晴らしいですが、本当にその夢を叶えてしまう梅野選手の家族もすごいですよね。

 

梅野選手自身も、母親のことをこのようにコメントされていました。

 

父親とも離れて弟とも離れているので、家族写真は家の中で自分が常に見える位置に置いています。高校で寮に入る時からずっと変わらないですね。母を毎日のように思い返す時があるので、活力になっているんじゃないかなと思います。

 

また別のインタビューでは、母親がいなかったらプロ野球選手になれていないと感謝の言葉も。

母親のためにもリーグ優勝、日本一を成し遂げたいと強い気持ちもあるんだと語られています。

今も梅野選手の心に大きく存在している母・啓子さん、素晴らしい方だったことでしょう。

 

父:梅野義隆

 

梅野選手のお父さんの名前は、梅野義隆さんです。

もともと野球をされていて、先ほどお伝えしたとおりリトルリーグのコーチをされていました。

とにかく見た目めちゃくちゃイケメンですし、男性から見てもカッコいいなあと感じますよね。

 

内装業を営みながら、男手一つで息子を育てて来られた父・義隆さんも苦労が絶えなかったそう。

朝から晩まで働き、夜は子育てや家事をやり、梅野選手の遠征費用なども負担しながらの生活。

そんな中でも厳しく育てることを忘れなかったそうで、このような言葉を口にされていました。

 

「タンパク質中心に食事させ、炭酸飲料は絶対に飲まさなかった」

狗にはなるんじゃないぞ、といつも言い続けていました」

「偉そうなことを言ったら鼻をへし折ってやります笑」

 

一方で、啓子さんが亡くなって落ち込んだ時、息子が野球を頑張っている姿に元気をもらったそう。

プロ野球選手にしてやってほしいという願いを、まさにお父さんが受け継いで叶えた形になりました。

 

弟:梅野啓

 

梅野選手には弟が1人いるのですが、名前は梅野啓さんです。

おそらく母・啓子さん由来の名前だと思うのですが、梅野選手に負けず劣らないイケメンですね。

年齢差は2歳だそうで、弟・啓さんも小さい頃から野球をやっていたんだそうです。

 

色々と調べてみたんですけど、どうやら啓さんは株式会社メトコスに就職されたようです。

福岡県内にある中古車販売の会社のようですが、そこの軟式野球部に所属しているみたいですね。

 

 

プロの道ではないですけど、おそらく今も野球を続けられていると思われます。

 

ちなみに、阪神タイガースのエース藤浪晋太郎選手も兄弟で野球をされています。

父親も岸和田高校の野球部で活躍し、弟は古豪・大体大浪商でプレーされていた野球一家。

ぜひ藤浪晋太郎選手のプライベートについてもまとめているので、ご覧ください。

 

阪神藤浪晋太郎の彼女や結婚の噂は?家族構成(父・母・弟)や年俸情報まとめ

 

梅野隆太郎の嫁はどんな人?子供は?

 

さて、梅野選手は2017年3月21日に一般人の女性と入籍されたと発表がありました。

この日は亡くなった母・啓子さんの50回目の誕生日であり、感謝の思いを込めて選んだそうです。

そんな中、お相手の女性や子供の存在が話題になってましたので、まとめておきたいと思います。

 

まず結婚相手のお嫁さんですが、福岡出身の2つ年上の元美容師さんです。

2012年頃、つまり梅野選手が福岡大学にいた時代からお付き合いし始め、4年半の交際を経て結婚。

当時学生だった梅野選手にとって、社会人でしっかり働かれている彼女に魅力を感じたそうですね。

 

現在は美容師をやめ、専業主婦として梅野選手を心身ともにサポートしているとのこと。

芦屋に一緒に住まれているそうで、栄養学を習得するためにフードマイスターの資格を取得。

心優しい梅野選手ですから、とても幸せな夫婦生活を送られていることでしょうね。

 

カオスくん
梅野選手には子供はいるの?

 

2021年8月現在ですが、今のところ梅野選手にお子さんが生まれたとの情報はないです。

プライベートを大切にする梅野選手ですから、ただ公表していないだけかもしれませんけど。

もし本当にお子さんがいなかったとしても、個人の自由ですし事情もあるかもしれませんからね。

ここに関しては、情報のアップデートがあればまた更新していこうと思います。

 

プロ成績と年俸推移まとめ

 

では最後に、梅野選手のプロでの成績や年俸推移についてご紹介したいと思います。

 

阪神での出場成績

梅野隆太郎の出場成績

2014年 92試合 7本塁打 21打点 打率.197
2015年 56試合 4本塁打 18打点 打率.239
2016年 37試合 0本塁打 4打点 打率.135
2017年 112試合 2本塁打 33打点 打率.206
2018年 132試合 8本塁打 47打点 打率.259
2019年 129試合 9本塁打 59打点 打率.266
2020年 98試合 7本塁打 29打点 打率.262

 

梅野選手は阪神入団後、ルーキーイヤーから92試合でマスクを被っています。

強肩強打の捕手として期待がかかっていましたが、なかなか正捕手の座を掴めず毎年競争。

坂本選手や原口選手などとの競争に勝ち、近年ようやく正捕手として毎試合出場を果たしています。

 

そんな中、リード面や捕球技術の高さが評価され、2018年から3年連続ゴールデングラブ賞受賞中

2021年も受賞濃厚と言われていますし、ベストナインにも選ばれる可能性が高いと言えるでしょう。

セ・リーグを代表する捕手にまで成長した梅野選手、これからも目が離せなさそうです。

 

年俸推移

梅野隆太郎の年俸推移

2014年 840万円
2015年 1800万円
2016年 1500万円
2017年 1350万円
2018年 2600万円
2019年 5000万円
2020年 1億円
2021年 1億1000万円

 

840万円からプロ生活をスタートした梅野選手ですが、最初はあまり年俸は上がらず苦戦。

2018年あたりから正捕手として起用され始め、2年後には1億円の大台を突破しています。

2021年は1年契約を結んでいるのですが、FA権獲得しているのでその動向が注目されています。

 

私の予想としては、90%は阪神タイガース残留という選択をすると思っています。

もし移籍するとすれば、楽天イーグルスだろうと考えていますが、可能性としては低いでしょう。

まずは阪神タイガースで優勝を経験したいでしょうし、ぜひ頑張ってリーグ制覇して欲しいところです。

 

まとめ

以上、阪神タイガースの正捕手であるイケメン梅野隆太郎選手のプライベートをまとめました。

大人気の梅ちゃんですが、母の死や父子家庭での苦労もたくさんあっただろうと思います。

感謝の気持ちと強いリーダーシップを発揮して、ぜひプロ野球界を盛り上げて欲しいですね!

-スポーツ

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5