高校野球

【動画あり】広陵の大谷翔平2世ルーキー真鍋慧が怪物級!経歴やプロフィール紹介!

ついにスタートした2021年夏の高校野球、今回特集するのは広島・広陵高校の真鍋慧選手。

規格外のスケールの怪物選手として早くも注目を浴び始めており、1年生にしてベンチ入り確定。

そんな真鍋選手とはどんな選手なのか、プロフィールや経歴、特徴などをご紹介したいと思います。

 

真鍋慧の経歴やプロフィール

真鍋慧のプロフィール

真鍋慧
2005年度生まれ
189cm/86kg
広島県安芸市
右投げ左打ち

 

生い立ち

広島県の安芸市で生まれ育ち、小さな頃から野球をやっていた真鍋選手。

彼のスケールの大きさは密かに注目を集めていて、広島県の中学硬式世代最強と言われていました。

 

中学時代に「広島安芸リトルシニア」に所属していた真鍋選手は、4番エースとして大活躍。

打者としては規格外のパワーを生かしたバッティング、投手としては豪快なフォームから投げる力強さを兼ね備えていました。

ポテンシャルや将来性を高く評価され、高校3年間でどんでもない選手になると噂をされていました。

 

そしてもう1つ、真鍋選手が注目された理由はお兄さんの存在です。

兄・真鍋駿選手は慧選手の4つ上なんですが、高校3年生の2019年に広島商業を甲子園に導きます。

主将兼4番打者として16年ぶりの甲子園出場だったのですが、強打のスラッガーとしてプロから注目。

現在は法政大学2年生なんですが、8番ファーストとしてすでにスタメン出場を果たしています。

 

兄弟揃ってスケールの大きな選手なので、数年後にはプロ注目の兄弟として有名になる可能性は非常に高いと思っています。

 

広陵高校進学後

弟・真鍋慧選手が進学先に選んだのは、広島県の甲子園常連・広陵高校

数々のプロ野球選手を輩出している高校で、天才と呼ばれた上本博紀さんや広島カープ若きホープ中村奨成選手の母校としても有名ですよね。

 

とはいうものの、全国から強力なライバルたちが集結する高校なので、ベンチ入りするためにも激しい競争が繰り広げられます。

実際、春季大会では真鍋選手はベンチ入りを果たすことができませんでした。

チームも準決勝で広島新庄高校に敗れ、夏に向けてさらなるレベルアップを求め日々練習しています。

 

ちなみに、1年生で春季大会ベンチ入りしたのは2名いました。

そのうち、見事スタメン出場も果たしたのがセカンドを守る中尾湊選手

小学校の頃にソフトバンクホークスジュニアに選抜され、中学時代から堅守強肩で知られていた名手。

さらに巨人V9戦士・元西武優勝監督である森祇晶さんを親戚に持つ野球一家としても有名ですね。

ぜひ彼もこの機会に知っておいてくださいね。

 

広陵の世代最強1年生ルーキー中尾湊特集!名将・森祗晶譲りの実力や経歴!

 

そして今回、夏の大会のベンチ入りメンバーとして真鍋慧選手が見事に選出されました。

兄・駿選手も1年生から中軸を打ち活躍されていましたし、もしかすると慧選手もスタメンに抜擢される可能性はあるかもですね。

 

2021年夏の大会

広島県の地方大会が始まり、広陵高校の初戦・美鈴が丘戦でいきなり真鍋選手がスタメン出場。

3番打者としてクリーンナップに座るという大抜擢、中井監督も「うちで1番飛ばす」とコメント。

そりゃ1年生といえど、身長189cmの体格ですからパワーは凄まじいでしょうね。

 

そんな初戦で、いきなり真鍋選手はライトスタンドにホームランを放ちました!

「1試合目から結果を残すことができてよかったです」とコメントがあり、持ってる選手だなと。

次の試合も出るでしょうし、甲子園出場となれば怪物ルーキーと騒がれるでしょう。

真鍋慧の特徴やプレースタイル

 

では、そんな真鍋選手とはいったいどんな選手なんでしょうか。

 

大谷翔平クラスのポテンシャル

真鍋選手の最大の特徴といえば、189cmある身長と身体能力でしょう。

恵まれた体格は将来性を感じさせますし、動画を見るかぎり身体能力や柔軟性もかなり高いと感じます。

メジャーリーガーの大谷翔平選手を彷彿とさせるようなワクワクさせる選手ですね。

 

体重も1年生時点で86kgあるので、すでに凄まじいパワーを秘めています。

守備のレベルに関しては情報がないのですが、足もなかかな速そうなので魅力です。

2021年は出場機会が多くないかもですが、来年以降は確実にクリーンナップに座る選手なので、成長が楽しみです。

 

パワーと柔軟性を併せ持つ打撃

体格が大きい分パワーに注目されがちですが、真鍋選手はむしろバットコントロールが非常に上手いです。

引っ張って大きな打球も打てますし、変化球に合わせて軽打する技術も持っています。

 

ちなみに、1年生ルーキーで最も注目されているスラッガーは花巻東の佐々木麟太郎選手なんですが、彼はフルスイングをしてホームランも量産するタイプ。

すでに10本塁打以上を記録している怪物だそうですが、タイプが違うもののスケールの大きさは似ているので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

花巻東の超怪物ルーキー佐々木麟太郎特集!村上宗隆二世の特徴や魅力は?

 

阪神・佐藤輝明に似た雰囲気と顔

真鍋選手の細かい性格はさすがにわからないんですが、阪神の大物ルーキー佐藤輝明選手そっくり。

良い意味での太々しさや顔の種類がめちゃくちゃ似ていて、ハートも強そうな印象を受けましたね。

これは実際の動画を見てもらえれば理解してもらえると思うので、掲載しておきますね。

 

 

力を入れず、簡単に打っているように見えるのは、まさに大谷翔平選手のように感じます。

これがまだ中学3年生での動画なので、ここからどれだけ成長を遂げているのか楽しみですね。

 

まとめ

以上、広陵高校にベンチ入りを果たした期待のルーキー・真鍋慧選手をご紹介しました。

タイプは異なりますが、中尾選手とともに期待のルーキーとして注目されている選手です。

夏の大会でも出場機会があると思うので、ぜひ大きな一発を見てみたいですね!

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5