高校野球

慶應義塾1年生ルーキー八木陽に特集!強打の大型ショートの経歴や特徴は?

2021年夏の高校野球のシーズンがやってきましたが、今回特集するのは慶應義塾の八木陽選手。

1年生ながらベンチ入りを果たし、ショートスタメンの座を獲得しています。

そんな八木選手とはどんな選手なのか、経歴・プロフィール・特徴などをご紹介したいと思います。

 

八木陽の経歴やプロフィール

八木陽のプロフィール

名前:八木陽(ひなた)
出生:2005年生まれ
出身地:名古屋市西区
身長体重:182cm/70kg
利き手:右投げ左打ち
ポジション:内野手

 

生い立ち

愛知県名古屋市内で生まれ育った八木選手ですが、小学生時代からその実力は有名だったそう。

6年生の頃には、東海地区の有能な選手が選抜される「中日ドラゴンズジュニア」に選ばれます。

背番号5番で試合に出場し、この年12球団の中でNo.1に輝きました

同世代のメンバーはほとんどが地元愛知県の高校に進学、東邦・享栄など強豪に進んだ選手もいます。

 

歴代の先輩で言えば、中日ドラフト1位・高橋宏斗選手オリックスドラフト2位・元謙太選手も選ばれています。

直近で言えば、大阪桐蔭のプロ注目1番打者・宮下隼輔選手も選ばれていましたし、将来性豊かな小学生が名を連ねています。

 

中学に進学すると、地元の強豪チームである愛知知多ボーイズに入団。

2年生から主力選手としてスタメン獲得すると、3年生では主将として大会で優勝を飾るなど結果を残します。

身長もスクスク伸び、試合でホームランも記録するなど強打の内野手として注目されることとなります。

 

慶應義塾高校進学後

数ある高校の中から、八木選手が選んだのはなんと慶應義塾高校。

関東地方を中心に全国から集まる強豪校ですが、わざわざ慶應義塾を選んだ理由が気になります。

文武両道の校風が良かったのかな?大学進学も見据えてなのかな?

いずれにしても、慶應義塾を選んでいる時点で頭は良さそうです。

 

ちなみに、慶應義塾のエース・前田晃宏選手と言えば、元広島カープのレジェンド前田智徳さんの次男。

広島カープジュニア、中学日本代表の経験がある前田選手を中心に、今年も強いチームになっています。

 

さて、慶應義塾に進んだ八木選手ですが、2021年夏の神奈川県大会でいきなりベンチ入りを果たします。

1年生で唯一のベンチ入りとなりましたが、1回戦の桐蔭学園戦で2番ショートでスタメン出場。

強豪の桐蔭学園に6-5でなんとか競り勝ち、次のステージに進みました。

 

激戦区の神奈川県大会ですが、ここからどういう戦いを見せてくれるのか注目ですね。

八木陽の特徴やプレースタイル

 

では、この八木選手とはどんなスタイルの選手なんでしょうか。

ここでは、彼の特徴などをまとめてみたいと思います。

 

強打の大型ショート

彼の最大の特徴といえば、打撃力とスケールが大きい将来性豊かなショートであることです。

機動力が求められるショートのポジションで、182cmという身長を持つ1年生が守るのは結構珍しいことですよね。

まだ体の線が細いですが、長打力を打つパワーを秘めていますし、ショートとしての器用さや俊敏性も兼ね備えています。

 

センス抜群の八木選手ですが、思い出すのは5年前に高校生1年生で登場した下山悠介選手

彼も期待の新星として登場して活躍しましたが、慶應義塾高校時代に大活躍しましたよね。

現在は慶應大学3年生でクリーンアップを打ち、来年のドラフト候補にまで実力アップしています。

 

ちなみに、八木選手と同世代ですでに強豪校のショートの座を奪っている選手がいます。

守備力で世代No.1と言われているのが横浜高校のショート緒方漣選手

すでに高校生離れした素晴らしいレベルになっていて、早くも横浜高校でレギュラーを獲得しています。

 

名門横浜の鉄壁ルーキー緒方漣特集!世代No.1ショートの特徴や魅力は?

 

また、仙台育英のショート・山田脩也選手も1年生でレギュラーに座っています。

兄・利輝さんも仙台育英で活躍されましたけど、弟も素晴らしいセンスと実力を発揮。

夏の地方大会でもスタメン出場して活躍していますし、かなり注目を浴びています。

 

仙台育英1年生ショート山田脩也特集!素材型ルーキーの特徴やプレースタイルは?

 

センスが光る華麗な守備

八木選手のもう1つの特徴で言えば、華麗な守備だと言えます。

強豪校のショートを1年生で奪うくらいなので、当然と言えば当然なんですけどね。

打球に対する動きやグラブさばきなど、あらゆる部分でセンスを感じます。

 

百聞は一見にしかずということで、Twitterで動画をアップしてくれているアカウントがあったのでここに掲載しておきますね。

 

 

この映像を見るかぎり、肩もかなり強そうな感じがしますね。

ボールが飛んできても冷静に処理しているあたり、大舞台に強いハートも持ち合わせているかもです。

今後の成長もますます楽しみな八木陽選手、目が離せなくなる好素材の匂いがプンプンしますね。

 

まとめ

以上、慶應義塾高校で1年生ながらショートスタメンを奪った八木陽選手を特集しました。

鍛えれば大きく花開きそうな逸材だと思いますし、さらにレベルアップしてほしい注目選手です。

神奈川は強豪ぞろいなので厳しい戦いにはなりますが、ぜひ一生懸命頑張ってほしいですね!

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5