高校野球

静岡のミスターゼロ高須大雅が凄い!長身エース右腕の経歴やプロフィール

2021年夏の甲子園に出場する静岡高校ですが、プロ注目の大型右腕・高須大雅選手を特集。

すでにたくさんのスカウトが足を運んでチェックしている素材、甲子園での活躍が期待されています。

今回の記事では、高須選手がどんな人物なのか、経歴やプロフィールをご紹介したいと思います。

 

高須大雅の経歴やプロフィール

プロフィール

名前:高須大雅
生まれ:2003年度
学年:3年生
身長体重:192cm/84kg
出身地:静岡県磐田市
利き手:右投げ右打ち

 

生い立ち

静岡県磐田市というサッカーが盛んな地域として有名な場所で生まれ育った高須選手。

両親はアスリート出身、父の高須俊孝さんは野球とサッカー、母の高須理恵さんはバスケの選手。

その素晴らしい運動能力を受け継ぎ、小学生の頃からスポーツの分野で活躍をし始めます。

 

小学生時代は野球はもちろんのこと、柔軟性を身につけるために水泳にも6年間通っていたとのこと。

現在の柔らかい投球フォームは、水泳の影響も受けているのではないかなと思います。

 

小学校6年生の頃には、東海エリアの選抜チームである「中日ドラゴンズジュニア」に選ばれます。

同じく選抜されたメンバーには、現在プロで注目されている有名な選手もいました。

 

2015年中日ドラゴンズジュニア

横浜   立花祥希
県岐阜商 高木翔斗
大阪桐蔭 宮下隼輔

 

この3選手は、全員今回の夏の甲子園大会に出場を決めているメンバーでもあります。

特に高木選手に関しては家族ぐるみの付き合いだそうで、メッセージのやり取りもしているそうです。

 

中学に進学すると、高須選手は学校の軟式野球部に所属してエースとして活躍をしていました。

ジュニアメンバーはシニアやボーイズに進む同期が多いのですが、学校の部活動に専念するのは結構珍しいのではないでしょうか。

そこでの活躍が評価されて、静岡県の名門校である静岡高校に進学することになります。

 

静岡高校進学後

数ある名門校からのお誘いの中から、静岡高校を選択した高須選手。

なぜ静岡高校を選んだのか、その理由は中学時代の二つ上の先輩である齋藤來音選手の存在が大きかったようです。

 

齋藤選手は静岡高校に進学して甲子園出場経験、その後慶應義塾大学の野球部に進学しています。

齋藤選手の野球に対する取り組みや姿勢に憧れ、静岡高校の門を叩いたと言われています。

 

そんな高須選手ですが、実際に公式戦デビューをしたのは1年生の秋季大会でした。

そこから主力投手になり、トレーニングによって体重も増え球速も140kmを超えるまでに成長。

3年生ではエースナンバー1番を背負い、打者としてもクリーンナップを任される存在に。

 

圧巻だったのは投手成績で、夏の静岡県大会で37イニングを投げて自責点ゼロに抑えて優勝

冬を越えて体もひと回り大きくなり、球速や変化球も進化していてプロからの評価もうなぎのぼり状態。

まだまだ進化している高須選手、甲子園の舞台でどこまで活躍できるか注目したい選手ですね。

高須大雅の特徴やプレースタイル

 

では、高須選手とはいったいどんな特徴を持った選手なんでしょうか。

彼の特徴や持ち味、魅力などをここでご紹介したいと思います。

 

長身から投げ下ろす直球

高須選手の最大の魅力といえば、192cmの長身を生かした投球スタイルと言えるでしょう。

小中高で158cm→185cm→192cmと大きく身長が伸びていて、角度あるストレートを投げ込むことができます。

バッターは思った以上に差し込まれるので、振り遅れてしまいジャストミートできない状態になってしまいます。

 

球速も伸びてきていて、MAX146kmまで記録を更新しています。

今まさに成長段階にある選手なので、甲子園大会で休息を更新していく可能性も大いにあるでしょう。

変化球はスライダーとフォークを武器にしていて、長身ゆえに他の投手よりもさらに落差の大きなボールを投げることができます。

これも長身を上手く生かした投球スタイルと言えますね。

 

ちなみに、甲子園初出場を決めた東北学院の伊東大夢選手もプロ注目の大型右腕

体格に恵まれ、スケールの大きさがとても似ているような気がしますね。

ぜひ伊東選手のこともチェックしてもらえたら嬉しいです。

 

東北学院4番エース伊東大夢にプロ注目!MAX147km右腕の経歴やプロフィール

 

速いテンポでリズムを作れる

もう一つの特徴としては、投球のテンポが非常に速いことです。

投球動作とキャッチャーのサインに頷く仕草が同時になるくらいの速さで、バッターに考える時間を与えません。

もともと高須選手はそれほどテンポは早い方ではなかったのですが、過去の失敗経験からリズムをしっかりと自分で作る意識を持つようになったとのこと。

キャッチャーのサインに首を振らないルールを作り、リズムを途切れさせない工夫もしていたようです。

 

さらに高須選手は、スタミナ切れを解消するために省エネ投法の習得にも力を入れていたようです。

シャドーピッチングを何度も繰り返して、疲れの少ない体の動きをマスターしたとのことです。

 

このように速いテンポと省エネ投法を組み合わせることで、自分のペースで試合を作る技術をマスター。

その結果、37イニング自責点なしという素晴らしい成果を生み出せたのではないでしょうか。

恵まれた体格も持っていますし、今後の伸び代にも期待が高まる魅力的な選手ですね。

 

まとめ

以上、静岡県のミスターゼロこと高須大雅選手について特集させていただきました。

192cmの長身から投げ下ろす直球はかなりの威力ですし、彼のポテンシャルは未知数と言えます。

甲子園という大舞台で彼の才能が開花する可能性もありますし、将来が楽しみな逸材でしょう。

ぜひ高須大雅選手に注目して観戦してもらえればと思います!

-高校野球

© 2021 カオスニュースチャンネル Powered by AFFINGER5